YM3526(FM Operator type - L、OPL)は1984年にヤマハ(日本楽器製造株式会社(当時))が開発したFM音源チップである。また、本チップより派生した上位チップを含めて「OPLシリーズ」と呼称される。非常に多くのバリエーションが派生し、以後のほとんどのローエンド向けFM音源の基礎となった。 国立科学博物館の2019年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録された。

Property Value
dbo:abstract
  • YM3526(FM Operator type - L、OPL)は1984年にヤマハ(日本楽器製造株式会社(当時))が開発したFM音源チップである。また、本チップより派生した上位チップを含めて「OPLシリーズ」と呼称される。非常に多くのバリエーションが派生し、以後のほとんどのローエンド向けFM音源の基礎となった。 国立科学博物館の2019年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録された。 (ja)
  • YM3526(FM Operator type - L、OPL)は1984年にヤマハ(日本楽器製造株式会社(当時))が開発したFM音源チップである。また、本チップより派生した上位チップを含めて「OPLシリーズ」と呼称される。非常に多くのバリエーションが派生し、以後のほとんどのローエンド向けFM音源の基礎となった。 国立科学博物館の2019年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録された。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 3531859 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2574 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 82396506 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • YM3526(FM Operator type - L、OPL)は1984年にヤマハ(日本楽器製造株式会社(当時))が開発したFM音源チップである。また、本チップより派生した上位チップを含めて「OPLシリーズ」と呼称される。非常に多くのバリエーションが派生し、以後のほとんどのローエンド向けFM音源の基礎となった。 国立科学博物館の2019年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録された。 (ja)
  • YM3526(FM Operator type - L、OPL)は1984年にヤマハ(日本楽器製造株式会社(当時))が開発したFM音源チップである。また、本チップより派生した上位チップを含めて「OPLシリーズ」と呼称される。非常に多くのバリエーションが派生し、以後のほとんどのローエンド向けFM音源の基礎となった。 国立科学博物館の2019年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録された。 (ja)
rdfs:label
  • YM3526 (ja)
  • YM3526 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-en:sound of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of