Serial Attached SCSI(SAS; サス)は、コンピュータにハードディスクドライブ等のデバイスを接続するためのインターフェースである。SCSI規格の一種であり、それまではパラレル伝送であったSCSI規格を、その名の通りシリアル化したものである。 "Ultra-320 SCSI"の後継にあたる規格であり、パラレルSCSI同様、サーバマシン用HDDの接続に用いられることが主体である。コンシューマ向けにはシリアルATAの方がよく使われている。 INCITS (International Committee for Information Technology Standards)のT10技術委員会がプロトコルの開発・維持を行い、SCSITA(SCSI Trade Association)が普及活動を行っている。

Property Value
dbo:abstract
  • Serial Attached SCSI(SAS; サス)は、コンピュータにハードディスクドライブ等のデバイスを接続するためのインターフェースである。SCSI規格の一種であり、それまではパラレル伝送であったSCSI規格を、その名の通りシリアル化したものである。 "Ultra-320 SCSI"の後継にあたる規格であり、パラレルSCSI同様、サーバマシン用HDDの接続に用いられることが主体である。コンシューマ向けにはシリアルATAの方がよく使われている。 INCITS (International Committee for Information Technology Standards)のT10技術委員会がプロトコルの開発・維持を行い、SCSITA(SCSI Trade Association)が普及活動を行っている。 (ja)
  • Serial Attached SCSI(SAS; サス)は、コンピュータにハードディスクドライブ等のデバイスを接続するためのインターフェースである。SCSI規格の一種であり、それまではパラレル伝送であったSCSI規格を、その名の通りシリアル化したものである。 "Ultra-320 SCSI"の後継にあたる規格であり、パラレルSCSI同様、サーバマシン用HDDの接続に用いられることが主体である。コンシューマ向けにはシリアルATAの方がよく使われている。 INCITS (International Committee for Information Technology Standards)のT10技術委員会がプロトコルの開発・維持を行い、SCSITA(SCSI Trade Association)が普及活動を行っている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 964742 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4776 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80863705 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Serial Attached SCSI(SAS; サス)は、コンピュータにハードディスクドライブ等のデバイスを接続するためのインターフェースである。SCSI規格の一種であり、それまではパラレル伝送であったSCSI規格を、その名の通りシリアル化したものである。 "Ultra-320 SCSI"の後継にあたる規格であり、パラレルSCSI同様、サーバマシン用HDDの接続に用いられることが主体である。コンシューマ向けにはシリアルATAの方がよく使われている。 INCITS (International Committee for Information Technology Standards)のT10技術委員会がプロトコルの開発・維持を行い、SCSITA(SCSI Trade Association)が普及活動を行っている。 (ja)
  • Serial Attached SCSI(SAS; サス)は、コンピュータにハードディスクドライブ等のデバイスを接続するためのインターフェースである。SCSI規格の一種であり、それまではパラレル伝送であったSCSI規格を、その名の通りシリアル化したものである。 "Ultra-320 SCSI"の後継にあたる規格であり、パラレルSCSI同様、サーバマシン用HDDの接続に用いられることが主体である。コンシューマ向けにはシリアルATAの方がよく使われている。 INCITS (International Committee for Information Technology Standards)のT10技術委員会がプロトコルの開発・維持を行い、SCSITA(SCSI Trade Association)が普及活動を行っている。 (ja)
rdfs:label
  • Serial Attached SCSI (ja)
  • Serial Attached SCSI (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of