RiPPs (Ribosomally synthesized and post-translationally modified peptides; リボソーム翻訳系翻訳後修飾ペプチド) はリボソーム翻訳系のペプチドを基にした天然物の総称であり、リボソーム系天然物 (Ribosomal natural products)とも呼ばれる。20以上の亜種に分けられるRiPPsは、真核生物、真正細菌、古細菌など様々な生物によって生合成され、広範囲な生化学的特徴を有する。 アルカロイドやテルペノイドのような天然物に比べて、RiPPsは遺伝情報から化学構造を予測しやすいため、ゲノム内の塩基配列からその存在や構造を早く正確に予測することができる。そのため、ここ数十年の科学技術の進歩によってゲノム解析が安価になりゲノムデータが増えていくにしたがって、新たな生物活性天然物のターゲットとしてRiPPsへの注目度は上昇し続けている。

Property Value
dbo:abstract
  • RiPPs (Ribosomally synthesized and post-translationally modified peptides; リボソーム翻訳系翻訳後修飾ペプチド) はリボソーム翻訳系のペプチドを基にした天然物の総称であり、リボソーム系天然物 (Ribosomal natural products)とも呼ばれる。20以上の亜種に分けられるRiPPsは、真核生物、真正細菌、古細菌など様々な生物によって生合成され、広範囲な生化学的特徴を有する。 アルカロイドやテルペノイドのような天然物に比べて、RiPPsは遺伝情報から化学構造を予測しやすいため、ゲノム内の塩基配列からその存在や構造を早く正確に予測することができる。そのため、ここ数十年の科学技術の進歩によってゲノム解析が安価になりゲノムデータが増えていくにしたがって、新たな生物活性天然物のターゲットとしてRiPPsへの注目度は上昇し続けている。 (ja)
  • RiPPs (Ribosomally synthesized and post-translationally modified peptides; リボソーム翻訳系翻訳後修飾ペプチド) はリボソーム翻訳系のペプチドを基にした天然物の総称であり、リボソーム系天然物 (Ribosomal natural products)とも呼ばれる。20以上の亜種に分けられるRiPPsは、真核生物、真正細菌、古細菌など様々な生物によって生合成され、広範囲な生化学的特徴を有する。 アルカロイドやテルペノイドのような天然物に比べて、RiPPsは遺伝情報から化学構造を予測しやすいため、ゲノム内の塩基配列からその存在や構造を早く正確に予測することができる。そのため、ここ数十年の科学技術の進歩によってゲノム解析が安価になりゲノムデータが増えていくにしたがって、新たな生物活性天然物のターゲットとしてRiPPsへの注目度は上昇し続けている。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 3557949 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6860 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76625709 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • RiPPs (Ribosomally synthesized and post-translationally modified peptides; リボソーム翻訳系翻訳後修飾ペプチド) はリボソーム翻訳系のペプチドを基にした天然物の総称であり、リボソーム系天然物 (Ribosomal natural products)とも呼ばれる。20以上の亜種に分けられるRiPPsは、真核生物、真正細菌、古細菌など様々な生物によって生合成され、広範囲な生化学的特徴を有する。 アルカロイドやテルペノイドのような天然物に比べて、RiPPsは遺伝情報から化学構造を予測しやすいため、ゲノム内の塩基配列からその存在や構造を早く正確に予測することができる。そのため、ここ数十年の科学技術の進歩によってゲノム解析が安価になりゲノムデータが増えていくにしたがって、新たな生物活性天然物のターゲットとしてRiPPsへの注目度は上昇し続けている。 (ja)
  • RiPPs (Ribosomally synthesized and post-translationally modified peptides; リボソーム翻訳系翻訳後修飾ペプチド) はリボソーム翻訳系のペプチドを基にした天然物の総称であり、リボソーム系天然物 (Ribosomal natural products)とも呼ばれる。20以上の亜種に分けられるRiPPsは、真核生物、真正細菌、古細菌など様々な生物によって生合成され、広範囲な生化学的特徴を有する。 アルカロイドやテルペノイドのような天然物に比べて、RiPPsは遺伝情報から化学構造を予測しやすいため、ゲノム内の塩基配列からその存在や構造を早く正確に予測することができる。そのため、ここ数十年の科学技術の進歩によってゲノム解析が安価になりゲノムデータが増えていくにしたがって、新たな生物活性天然物のターゲットとしてRiPPsへの注目度は上昇し続けている。 (ja)
rdfs:label
  • RiPPs (ja)
  • RiPPs (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of