『RAINBOW RAINBOW』(レインボー・レインボー)は、日本の音楽ユニットであるTM NETWORKのファースト・アルバム。 1984年4月21日にEPIC・ソニーからリリースされ、作詞は麻生香太郎、西門加里、小室哲哉、作曲は小室、木根尚登、プロデューサーは小室が担当している。音楽性はエレクトロ・ポップを基調としながらもラップ、AORなど様々な要素を導入している。 レコーディングは1983年10月1日から1984年2月4日までCBSソニー六本木スタジオおよびスタジオジャックスにて行われた。アルバムタイトルの由来は、虹の7色では収まりきらないバラエティー豊かなアルバムにしたいということから名付けられた。 先行シングルはなく、同時リリースされたシングル「金曜日のライオン (Take it to the lucky)」、後にシングルカットされた「1974 (16光年の訪問者)」を収録している。 オリコンチャートでは最高位71位となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 『RAINBOW RAINBOW』(レインボー・レインボー)は、日本の音楽ユニットであるTM NETWORKのファースト・アルバム。 1984年4月21日にEPIC・ソニーからリリースされ、作詞は麻生香太郎、西門加里、小室哲哉、作曲は小室、木根尚登、プロデューサーは小室が担当している。音楽性はエレクトロ・ポップを基調としながらもラップ、AORなど様々な要素を導入している。 レコーディングは1983年10月1日から1984年2月4日までCBSソニー六本木スタジオおよびスタジオジャックスにて行われた。アルバムタイトルの由来は、虹の7色では収まりきらないバラエティー豊かなアルバムにしたいということから名付けられた。 先行シングルはなく、同時リリースされたシングル「金曜日のライオン (Take it to the lucky)」、後にシングルカットされた「1974 (16光年の訪問者)」を収録している。 オリコンチャートでは最高位71位となった。 (ja)
  • 『RAINBOW RAINBOW』(レインボー・レインボー)は、日本の音楽ユニットであるTM NETWORKのファースト・アルバム。 1984年4月21日にEPIC・ソニーからリリースされ、作詞は麻生香太郎、西門加里、小室哲哉、作曲は小室、木根尚登、プロデューサーは小室が担当している。音楽性はエレクトロ・ポップを基調としながらもラップ、AORなど様々な要素を導入している。 レコーディングは1983年10月1日から1984年2月4日までCBSソニー六本木スタジオおよびスタジオジャックスにて行われた。アルバムタイトルの由来は、虹の7色では収まりきらないバラエティー豊かなアルバムにしたいということから名付けられた。 先行シングルはなく、同時リリースされたシングル「金曜日のライオン (Take it to the lucky)」、後にシングルカットされた「1974 (16光年の訪問者)」を収録している。 オリコンチャートでは最高位71位となった。 (ja)
dbo:album
dbo:artist
dbo:genre
dbo:position
dbo:producer
dbo:recordLabel
dbo:title
  • RAINBOW RAINBOW (ja)
  • RAINBOW RAINBOW (ja)
dbo:wikiPageID
  • 279110 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16861 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88238045 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:allArrangements
prop-ja:artist
prop-ja:chartPosition
  • *71位 (オリコン) (ja)
  • *71位 (オリコン) (ja)
prop-ja:ean
  • (ja)
  • (1987年) (ja)
  • (1991年) (ja)
  • (1996年) (ja)
  • (2000年) (ja)
  • (2013年) (ja)
  • (2007年・限定盤) (ja)
  • (ja)
  • (1987年) (ja)
  • (1991年) (ja)
  • (1996年) (ja)
  • (2000年) (ja)
  • (2013年) (ja)
  • (2007年・限定盤) (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:headline
  • A面 (ja)
  • B面 (ja)
  • A面 (ja)
  • B面 (ja)
prop-ja:label
prop-ja:lastAlbum
  •   (ja)
  •   (ja)
prop-ja:length
  • 42 (xsd:integer)
  • 242.0
  • 250.0
  • 265.0
  • 268.0
  • 284.0
  • 309.0
  • 314.0
  • 332.0
  • 305.0
prop-ja:lyrics
prop-ja:lyricsCredits
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:misc
  • --04-21
prop-ja:music
prop-ja:musicCredits
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:name
  • RAINBOW RAINBOW (ja)
  • RAINBOW RAINBOW (ja)
prop-ja:nextAlbum
  • (1985年) (ja)
  • 『CHILDHOOD'S END』 (ja)
  • (1985年) (ja)
  • 『CHILDHOOD'S END』 (ja)
prop-ja:note
  • 1974 (xsd:integer)
  • GET AWAY (ja)
  • TAKE IT TO THE LUCKY (ja)
  • CARIBBEANA-HI (ja)
  • CHRISTOPHER (ja)
  • IPANEMA'84 (ja)
  • JUST FOR YOU AND ME NOW (ja)
  • PANORAMAGIC (ja)
  • RAINBOW RAINBOW (ja)
prop-ja:producer
prop-ja:recorded
  • --02-04
  • --10-01
  • CBSソニー六本木スタジオ (ja)
  • スタジオジャックス (ja)
prop-ja:released
  • --04-21
prop-ja:rev
  • CDジャーナル (ja)
  • 音楽誌が書かないJポップ批評53 TMN&小室哲哉[ポップス神話創世] (ja)
  • CDジャーナル (ja)
  • 音楽誌が書かないJポップ批評53 TMN&小室哲哉[ポップス神話創世] (ja)
prop-ja:rev1score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-ja:rev2score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-ja:thisAlbum
  • (1984年) (ja)
  • 『RAINBOW RAINBOW』 (ja)
  • (1984年) (ja)
  • 『RAINBOW RAINBOW』 (ja)
prop-ja:title
  • 1 (xsd:integer)
  • 1974 (xsd:integer)
  • パノラマジック (ja)
  • RAINBOW RAINBOW (ja)
  • イパネマ'84 (ja)
  • カリビアーナ・ハイ (ja)
  • クリストファー (ja)
  • クロコダイル・ラップ (ja)
  • 金曜日のライオン (Take it to the lucky) (ja)
prop-ja:totalLength
  • 1174.0
  • 1396.0
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『RAINBOW RAINBOW』(レインボー・レインボー)は、日本の音楽ユニットであるTM NETWORKのファースト・アルバム。 1984年4月21日にEPIC・ソニーからリリースされ、作詞は麻生香太郎、西門加里、小室哲哉、作曲は小室、木根尚登、プロデューサーは小室が担当している。音楽性はエレクトロ・ポップを基調としながらもラップ、AORなど様々な要素を導入している。 レコーディングは1983年10月1日から1984年2月4日までCBSソニー六本木スタジオおよびスタジオジャックスにて行われた。アルバムタイトルの由来は、虹の7色では収まりきらないバラエティー豊かなアルバムにしたいということから名付けられた。 先行シングルはなく、同時リリースされたシングル「金曜日のライオン (Take it to the lucky)」、後にシングルカットされた「1974 (16光年の訪問者)」を収録している。 オリコンチャートでは最高位71位となった。 (ja)
  • 『RAINBOW RAINBOW』(レインボー・レインボー)は、日本の音楽ユニットであるTM NETWORKのファースト・アルバム。 1984年4月21日にEPIC・ソニーからリリースされ、作詞は麻生香太郎、西門加里、小室哲哉、作曲は小室、木根尚登、プロデューサーは小室が担当している。音楽性はエレクトロ・ポップを基調としながらもラップ、AORなど様々な要素を導入している。 レコーディングは1983年10月1日から1984年2月4日までCBSソニー六本木スタジオおよびスタジオジャックスにて行われた。アルバムタイトルの由来は、虹の7色では収まりきらないバラエティー豊かなアルバムにしたいということから名付けられた。 先行シングルはなく、同時リリースされたシングル「金曜日のライオン (Take it to the lucky)」、後にシングルカットされた「1974 (16光年の訪問者)」を収録している。 オリコンチャートでは最高位71位となった。 (ja)
rdfs:label
  • RAINBOW RAINBOW (ja)
  • RAINBOW RAINBOW (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:album of
is dbo:previousWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:album of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of