KS X 1001は、韓国でハングルや漢字をあらわすのに用いられている文字コード(符号化文字集合)の規格(、KS)。以前はKS C 5601の規格名だった。単にKSコードとも呼ばれる。 現代韓国でUnicodeと並んで用いられるほぼ唯一の文字コードである。

Property Value
dbo:abstract
  • KS X 1001は、韓国でハングルや漢字をあらわすのに用いられている文字コード(符号化文字集合)の規格(、KS)。以前はKS C 5601の規格名だった。単にKSコードとも呼ばれる。 現代韓国でUnicodeと並んで用いられるほぼ唯一の文字コードである。 (ja)
  • KS X 1001は、韓国でハングルや漢字をあらわすのに用いられている文字コード(符号化文字集合)の規格(、KS)。以前はKS C 5601の規格名だった。単にKSコードとも呼ばれる。 現代韓国でUnicodeと並んで用いられるほぼ唯一の文字コードである。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 201425 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3321 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 3325 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76347692 (xsd:integer)
  • 83727513 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • KS X 1001は、韓国でハングルや漢字をあらわすのに用いられている文字コード(符号化文字集合)の規格(、KS)。以前はKS C 5601の規格名だった。単にKSコードとも呼ばれる。 現代韓国でUnicodeと並んで用いられるほぼ唯一の文字コードである。 (ja)
  • KS X 1001は、韓国でハングルや漢字をあらわすのに用いられている文字コード(符号化文字集合)の規格(、KS)。以前はKS C 5601の規格名だった。単にKSコードとも呼ばれる。 現代韓国でUnicodeと並んで用いられるほぼ唯一の文字コードである。 (ja)
rdfs:label
  • KS X 1001 (ja)
  • KS X 1001 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of