JLTV(Joint Light Tactical Vehicle, 統合軽戦術車両)は、アメリカ軍(陸軍、海兵隊、特殊作戦軍)によって進められている、汎用軍用車両"ハンヴィー"(HMMWV, High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle, 高機動多用途装輪車両)シリーズの後継車種の選定プログラムの名称、およびその後継車両そのものを指す名称である。 従来のハンヴィーシリーズに比較し、同等以上の機動性、より大きい積載容量、より強固な地雷やIEDに対する防御力が要求されている。 2015年8月25日、各種運用評価の結果、オシュコシュ・コーポレーション社の提案していたL-ATV(Light Combat Tactical All-Terrain Vehicle)が選定されたと伝えられた。JLTVは2018年頃より量産配備開始予定で、最終的には総計53,582両が総額535億USドルで調達される大型契約となる予定である。

Property Value
dbo:abstract
  • JLTV(Joint Light Tactical Vehicle, 統合軽戦術車両)は、アメリカ軍(陸軍、海兵隊、特殊作戦軍)によって進められている、汎用軍用車両"ハンヴィー"(HMMWV, High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle, 高機動多用途装輪車両)シリーズの後継車種の選定プログラムの名称、およびその後継車両そのものを指す名称である。 従来のハンヴィーシリーズに比較し、同等以上の機動性、より大きい積載容量、より強固な地雷やIEDに対する防御力が要求されている。 2015年8月25日、各種運用評価の結果、オシュコシュ・コーポレーション社の提案していたL-ATV(Light Combat Tactical All-Terrain Vehicle)が選定されたと伝えられた。JLTVは2018年頃より量産配備開始予定で、最終的には総計53,582両が総額535億USドルで調達される大型契約となる予定である。 (ja)
  • JLTV(Joint Light Tactical Vehicle, 統合軽戦術車両)は、アメリカ軍(陸軍、海兵隊、特殊作戦軍)によって進められている、汎用軍用車両"ハンヴィー"(HMMWV, High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle, 高機動多用途装輪車両)シリーズの後継車種の選定プログラムの名称、およびその後継車両そのものを指す名称である。 従来のハンヴィーシリーズに比較し、同等以上の機動性、より大きい積載容量、より強固な地雷やIEDに対する防御力が要求されている。 2015年8月25日、各種運用評価の結果、オシュコシュ・コーポレーション社の提案していたL-ATV(Light Combat Tactical All-Terrain Vehicle)が選定されたと伝えられた。JLTVは2018年頃より量産配備開始予定で、最終的には総計53,582両が総額535億USドルで調達される大型契約となる予定である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3358910 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13376 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80999830 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:armour
  • 耐地雷、耐爆発物防護(要求仕様) (ja)
  • 耐地雷、耐爆発物防護(要求仕様) (ja)
prop-ja:caption
  • JLTVに選定されたL-ATV (ja)
  • JLTVに選定されたL-ATV (ja)
prop-ja:crew
  • 2 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:designer
prop-ja:isVehicle
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:manufacturer
  • オシュコシュ・コーポレーション(L-ATV) (ja)
  • オシュコシュ・コーポレーション(L-ATV) (ja)
prop-ja:name
  • JLTV (ja)
  • Joint Light Tactical Vehicle (ja)
  • JLTV (ja)
  • Joint Light Tactical Vehicle (ja)
prop-ja:number
  • 53582 (xsd:integer)
prop-ja:service
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:speed
  • 110 (xsd:integer)
prop-ja:suspension
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:type
  • 汎用軍用車両 (ja)
  • 汎用軍用車両 (ja)
prop-ja:usedBy
prop-ja:vehicleRange
  • 480 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • JLTV(Joint Light Tactical Vehicle, 統合軽戦術車両)は、アメリカ軍(陸軍、海兵隊、特殊作戦軍)によって進められている、汎用軍用車両"ハンヴィー"(HMMWV, High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle, 高機動多用途装輪車両)シリーズの後継車種の選定プログラムの名称、およびその後継車両そのものを指す名称である。 従来のハンヴィーシリーズに比較し、同等以上の機動性、より大きい積載容量、より強固な地雷やIEDに対する防御力が要求されている。 2015年8月25日、各種運用評価の結果、オシュコシュ・コーポレーション社の提案していたL-ATV(Light Combat Tactical All-Terrain Vehicle)が選定されたと伝えられた。JLTVは2018年頃より量産配備開始予定で、最終的には総計53,582両が総額535億USドルで調達される大型契約となる予定である。 (ja)
  • JLTV(Joint Light Tactical Vehicle, 統合軽戦術車両)は、アメリカ軍(陸軍、海兵隊、特殊作戦軍)によって進められている、汎用軍用車両"ハンヴィー"(HMMWV, High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle, 高機動多用途装輪車両)シリーズの後継車種の選定プログラムの名称、およびその後継車両そのものを指す名称である。 従来のハンヴィーシリーズに比較し、同等以上の機動性、より大きい積載容量、より強固な地雷やIEDに対する防御力が要求されている。 2015年8月25日、各種運用評価の結果、オシュコシュ・コーポレーション社の提案していたL-ATV(Light Combat Tactical All-Terrain Vehicle)が選定されたと伝えられた。JLTVは2018年頃より量産配備開始予定で、最終的には総計53,582両が総額535億USドルで調達される大型契約となる予定である。 (ja)
rdfs:label
  • JLTV (ja)
  • JLTV (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of