GSK-3 (glycogen synthase kinase 3) は、セリンとスレオニンのアミノ酸残基へのリン酸分子の付加を媒介するセリン・スレオニンプロテインキナーゼである。グリコーゲンシンターゼキナーゼ-3、グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3などとも呼ばれる。なお直訳すると「グリコーゲンシンターゼ(グリコーゲン合成酵素)をリン酸化する酵素(キナーゼ)」という意味である。GSK-3は、1980年にグリコーゲンシンターゼを調節するキナーゼとして発見され、それが名前の由来となっている。それ以降、GSK-3は様々な経路の40種類以上のタンパク質に対してキナーゼとして機能することが示されている。哺乳類では、GSK-3は2つの遺伝子GSK3A ()、GSK3B () にコードされていることが知られている。近年、GSK-3は2型糖尿病、アルツハイマー病、炎症、がん、双極性障害など多数の疾患との関連が示唆され、多くの研究の対象となっている。

Property Value
dbo:abstract
  • GSK-3 (glycogen synthase kinase 3) は、セリンとスレオニンのアミノ酸残基へのリン酸分子の付加を媒介するセリン・スレオニンプロテインキナーゼである。グリコーゲンシンターゼキナーゼ-3、グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3などとも呼ばれる。なお直訳すると「グリコーゲンシンターゼ(グリコーゲン合成酵素)をリン酸化する酵素(キナーゼ)」という意味である。GSK-3は、1980年にグリコーゲンシンターゼを調節するキナーゼとして発見され、それが名前の由来となっている。それ以降、GSK-3は様々な経路の40種類以上のタンパク質に対してキナーゼとして機能することが示されている。哺乳類では、GSK-3は2つの遺伝子GSK3A ()、GSK3B () にコードされていることが知られている。近年、GSK-3は2型糖尿病、アルツハイマー病、炎症、がん、双極性障害など多数の疾患との関連が示唆され、多くの研究の対象となっている。 (ja)
  • GSK-3 (glycogen synthase kinase 3) は、セリンとスレオニンのアミノ酸残基へのリン酸分子の付加を媒介するセリン・スレオニンプロテインキナーゼである。グリコーゲンシンターゼキナーゼ-3、グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3などとも呼ばれる。なお直訳すると「グリコーゲンシンターゼ(グリコーゲン合成酵素)をリン酸化する酵素(キナーゼ)」という意味である。GSK-3は、1980年にグリコーゲンシンターゼを調節するキナーゼとして発見され、それが名前の由来となっている。それ以降、GSK-3は様々な経路の40種類以上のタンパク質に対してキナーゼとして機能することが示されている。哺乳類では、GSK-3は2つの遺伝子GSK3A ()、GSK3B () にコードされていることが知られている。近年、GSK-3は2型糖尿病、アルツハイマー病、炎症、がん、双極性障害など多数の疾患との関連が示唆され、多くの研究の対象となっている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3921521 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16267 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77107970 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:arm
  • q (ja)
  • q (ja)
prop-ja:band
  • 13.200000 (xsd:double)
  • 13.330000 (xsd:double)
prop-ja:caption
  • AMP-PNPを結合したヒトGSK-3βの結晶構造 (ja)
  • AMP-PNPを結合したヒトGSK-3βの結晶構造 (ja)
prop-ja:chromosome
  • 3 (xsd:integer)
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:ecnumber
  • 2.700000 (xsd:double)
prop-ja:entrezgene
  • 2931 (xsd:integer)
  • 2932 (xsd:integer)
prop-ja:hgncid
  • 4616 (xsd:integer)
  • 4617 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • glycogen synthase kinase 3 alpha (ja)
  • glycogen synthase kinase 3 beta (ja)
  • glycogen synthase kinase 3 alpha (ja)
  • glycogen synthase kinase 3 beta (ja)
prop-ja:omim
  • 605004 (xsd:integer)
  • 606784 (xsd:integer)
prop-ja:pdb
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:pdbSupplemental
prop-ja:refseq
  • NM_002093 (ja)
  • NM_019884 (ja)
  • NM_002093 (ja)
  • NM_019884 (ja)
prop-ja:symbol
  • GSK3A (ja)
  • GSK3B (ja)
  • GSK3A (ja)
  • GSK3B (ja)
prop-ja:uniprot
  • P49840 (ja)
  • P49841 (ja)
  • P49840 (ja)
  • P49841 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • GSK-3 (glycogen synthase kinase 3) は、セリンとスレオニンのアミノ酸残基へのリン酸分子の付加を媒介するセリン・スレオニンプロテインキナーゼである。グリコーゲンシンターゼキナーゼ-3、グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3などとも呼ばれる。なお直訳すると「グリコーゲンシンターゼ(グリコーゲン合成酵素)をリン酸化する酵素(キナーゼ)」という意味である。GSK-3は、1980年にグリコーゲンシンターゼを調節するキナーゼとして発見され、それが名前の由来となっている。それ以降、GSK-3は様々な経路の40種類以上のタンパク質に対してキナーゼとして機能することが示されている。哺乳類では、GSK-3は2つの遺伝子GSK3A ()、GSK3B () にコードされていることが知られている。近年、GSK-3は2型糖尿病、アルツハイマー病、炎症、がん、双極性障害など多数の疾患との関連が示唆され、多くの研究の対象となっている。 (ja)
  • GSK-3 (glycogen synthase kinase 3) は、セリンとスレオニンのアミノ酸残基へのリン酸分子の付加を媒介するセリン・スレオニンプロテインキナーゼである。グリコーゲンシンターゼキナーゼ-3、グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3などとも呼ばれる。なお直訳すると「グリコーゲンシンターゼ(グリコーゲン合成酵素)をリン酸化する酵素(キナーゼ)」という意味である。GSK-3は、1980年にグリコーゲンシンターゼを調節するキナーゼとして発見され、それが名前の由来となっている。それ以降、GSK-3は様々な経路の40種類以上のタンパク質に対してキナーゼとして機能することが示されている。哺乳類では、GSK-3は2つの遺伝子GSK3A ()、GSK3B () にコードされていることが知られている。近年、GSK-3は2型糖尿病、アルツハイマー病、炎症、がん、双極性障害など多数の疾患との関連が示唆され、多くの研究の対象となっている。 (ja)
rdfs:label
  • GSK-3 (ja)
  • GSK-3 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of