GPGPU(General-purpose computing on graphics processing units; GPUによる汎用計算)とは、GPUの演算資源を画像処理以外の目的に応用する技術のことである 。 元来GPUはリアルタイム画像処理向けのデータ並列計算とパイプライン処理に特化した命令発行形態を持ち、またGPUとメインメモリ間の帯域幅は通例狭いことが多いものの、GPUと直結されるVRAM間には十分広い帯域幅を備えていることから、補助的なベクトル計算機の一種とも言える。GPGPUは、GPUが持つこの特性を活かした汎用的なストリーム・プロセッシングの一形態である。GPUを主体として計算機システムを構成した場合、専用設計のスーパーコンピュータと比較して導入・運用のコストが圧倒的に安くなることから、HPCの分野で特に多くの注目を集めている応用技術でもある。

Property Value
dbo:abstract
  • GPGPU(General-purpose computing on graphics processing units; GPUによる汎用計算)とは、GPUの演算資源を画像処理以外の目的に応用する技術のことである 。 元来GPUはリアルタイム画像処理向けのデータ並列計算とパイプライン処理に特化した命令発行形態を持ち、またGPUとメインメモリ間の帯域幅は通例狭いことが多いものの、GPUと直結されるVRAM間には十分広い帯域幅を備えていることから、補助的なベクトル計算機の一種とも言える。GPGPUは、GPUが持つこの特性を活かした汎用的なストリーム・プロセッシングの一形態である。GPUを主体として計算機システムを構成した場合、専用設計のスーパーコンピュータと比較して導入・運用のコストが圧倒的に安くなることから、HPCの分野で特に多くの注目を集めている応用技術でもある。 (ja)
  • GPGPU(General-purpose computing on graphics processing units; GPUによる汎用計算)とは、GPUの演算資源を画像処理以外の目的に応用する技術のことである 。 元来GPUはリアルタイム画像処理向けのデータ並列計算とパイプライン処理に特化した命令発行形態を持ち、またGPUとメインメモリ間の帯域幅は通例狭いことが多いものの、GPUと直結されるVRAM間には十分広い帯域幅を備えていることから、補助的なベクトル計算機の一種とも言える。GPGPUは、GPUが持つこの特性を活かした汎用的なストリーム・プロセッシングの一形態である。GPUを主体として計算機システムを構成した場合、専用設計のスーパーコンピュータと比較して導入・運用のコストが圧倒的に安くなることから、HPCの分野で特に多くの注目を集めている応用技術でもある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1589018 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 29160 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 29341 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80998425 (xsd:integer)
  • 83766797 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • GPGPU(General-purpose computing on graphics processing units; GPUによる汎用計算)とは、GPUの演算資源を画像処理以外の目的に応用する技術のことである 。 元来GPUはリアルタイム画像処理向けのデータ並列計算とパイプライン処理に特化した命令発行形態を持ち、またGPUとメインメモリ間の帯域幅は通例狭いことが多いものの、GPUと直結されるVRAM間には十分広い帯域幅を備えていることから、補助的なベクトル計算機の一種とも言える。GPGPUは、GPUが持つこの特性を活かした汎用的なストリーム・プロセッシングの一形態である。GPUを主体として計算機システムを構成した場合、専用設計のスーパーコンピュータと比較して導入・運用のコストが圧倒的に安くなることから、HPCの分野で特に多くの注目を集めている応用技術でもある。 (ja)
  • GPGPU(General-purpose computing on graphics processing units; GPUによる汎用計算)とは、GPUの演算資源を画像処理以外の目的に応用する技術のことである 。 元来GPUはリアルタイム画像処理向けのデータ並列計算とパイプライン処理に特化した命令発行形態を持ち、またGPUとメインメモリ間の帯域幅は通例狭いことが多いものの、GPUと直結されるVRAM間には十分広い帯域幅を備えていることから、補助的なベクトル計算機の一種とも言える。GPGPUは、GPUが持つこの特性を活かした汎用的なストリーム・プロセッシングの一形態である。GPUを主体として計算機システムを構成した場合、専用設計のスーパーコンピュータと比較して導入・運用のコストが圧倒的に安くなることから、HPCの分野で特に多くの注目を集めている応用技術でもある。 (ja)
rdfs:label
  • GPGPU (ja)
  • GPGPU (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:種別 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of