forward secrecy(perfect forward secrecy、略してFSあるいはPFSとも呼ばれる。日本語で前方秘匿性とも)は、長期的な鍵対からを生成した際に、のちに長期鍵の安全性が破れたとしてもセッションキーの安全性が保たれるという、の持つ性質である。この特性を守るためには、データを暗号化するための鍵から別の鍵を生成してはならないし、そしてデータを暗号化する鍵の素材となる秘密は一度だけの使い捨てにしなければならない。そうすることで、1つの鍵が破れたとしても被害がほかの鍵に及ばないようになる。

Property Value
dbo:abstract
  • forward secrecy(perfect forward secrecy、略してFSあるいはPFSとも呼ばれる。日本語で前方秘匿性とも)は、長期的な鍵対からを生成した際に、のちに長期鍵の安全性が破れたとしてもセッションキーの安全性が保たれるという、の持つ性質である。この特性を守るためには、データを暗号化するための鍵から別の鍵を生成してはならないし、そしてデータを暗号化する鍵の素材となる秘密は一度だけの使い捨てにしなければならない。そうすることで、1つの鍵が破れたとしても被害がほかの鍵に及ばないようになる。 (ja)
  • forward secrecy(perfect forward secrecy、略してFSあるいはPFSとも呼ばれる。日本語で前方秘匿性とも)は、長期的な鍵対からを生成した際に、のちに長期鍵の安全性が破れたとしてもセッションキーの安全性が保たれるという、の持つ性質である。この特性を守るためには、データを暗号化するための鍵から別の鍵を生成してはならないし、そしてデータを暗号化する鍵の素材となる秘密は一度だけの使い捨てにしなければならない。そうすることで、1つの鍵が破れたとしても被害がほかの鍵に及ばないようになる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3005794 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9555 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91587701 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • forward secrecy(perfect forward secrecy、略してFSあるいはPFSとも呼ばれる。日本語で前方秘匿性とも)は、長期的な鍵対からを生成した際に、のちに長期鍵の安全性が破れたとしてもセッションキーの安全性が保たれるという、の持つ性質である。この特性を守るためには、データを暗号化するための鍵から別の鍵を生成してはならないし、そしてデータを暗号化する鍵の素材となる秘密は一度だけの使い捨てにしなければならない。そうすることで、1つの鍵が破れたとしても被害がほかの鍵に及ばないようになる。 (ja)
  • forward secrecy(perfect forward secrecy、略してFSあるいはPFSとも呼ばれる。日本語で前方秘匿性とも)は、長期的な鍵対からを生成した際に、のちに長期鍵の安全性が破れたとしてもセッションキーの安全性が保たれるという、の持つ性質である。この特性を守るためには、データを暗号化するための鍵から別の鍵を生成してはならないし、そしてデータを暗号化する鍵の素材となる秘密は一度だけの使い捨てにしなければならない。そうすることで、1つの鍵が破れたとしても被害がほかの鍵に及ばないようになる。 (ja)
rdfs:label
  • Forward secrecy (ja)
  • Forward secrecy (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of