EGSY8p7またはEGSY-2008532660はうしかい座の方向にある高赤方偏移銀河である。この銀河の分光学的な赤方偏移の値はz=8.68であり、地球からの見かけの距離はおよそ132億光年に相当する。宇宙がビッグバンによって誕生してから5億7000万年後にはこの銀河は存在していたことがハワイのW・M・ケック天文台の観測で示されており、2022年現在、2016年に発見されたGN-z11、2012年に発見され2018年に正確な赤方偏移が測定されたMACS1149-JD1に次いで3番目に遠い銀河である。

Property Value
dbo:abstract
  • EGSY8p7またはEGSY-2008532660はうしかい座の方向にある高赤方偏移銀河である。この銀河の分光学的な赤方偏移の値はz=8.68であり、地球からの見かけの距離はおよそ132億光年に相当する。宇宙がビッグバンによって誕生してから5億7000万年後にはこの銀河は存在していたことがハワイのW・M・ケック天文台の観測で示されており、2022年現在、2016年に発見されたGN-z11、2012年に発見され2018年に正確な赤方偏移が測定されたMACS1149-JD1に次いで3番目に遠い銀河である。 (ja)
  • EGSY8p7またはEGSY-2008532660はうしかい座の方向にある高赤方偏移銀河である。この銀河の分光学的な赤方偏移の値はz=8.68であり、地球からの見かけの距離はおよそ132億光年に相当する。宇宙がビッグバンによって誕生してから5億7000万年後にはこの銀河は存在していたことがハワイのW・M・ケック天文台の観測で示されており、2022年現在、2016年に発見されたGN-z11、2012年に発見され2018年に正確な赤方偏移が測定されたMACS1149-JD1に次いで3番目に遠い銀河である。 (ja)
dbo:colour
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4544431 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2965 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88267542 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
  • 最遠の天体 (ja)
  • 最遠の銀河 (ja)
  • 最遠の天体 (ja)
  • 最遠の銀河 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:元期
prop-ja:和名
  • EGSY8p7 (ja)
  • EGSY8p7 (ja)
prop-ja:
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:星座
prop-ja:画像サイズ
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • EGSY8p7 por el Hubble y Spitzer.jpg (ja)
  • EGSY8p7 por el Hubble y Spitzer.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
  • ハッブル宇宙望遠鏡とスピッツァー宇宙望遠鏡によるEGSY8p7の画像 (ja)
  • ハッブル宇宙望遠鏡とスピッツァー宇宙望遠鏡によるEGSY8p7の画像 (ja)
prop-ja:
  • 銀河 (ja)
  • 銀河 (ja)
prop-ja:視等級
  • 25.260000 (xsd:double)
prop-ja:視線速度
  • 2603098.0
prop-ja:赤方偏移
  • 8.683000 (xsd:double)
prop-ja:距離
  • 132 (xsd:integer)
  • 305 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • EGSY8p7またはEGSY-2008532660はうしかい座の方向にある高赤方偏移銀河である。この銀河の分光学的な赤方偏移の値はz=8.68であり、地球からの見かけの距離はおよそ132億光年に相当する。宇宙がビッグバンによって誕生してから5億7000万年後にはこの銀河は存在していたことがハワイのW・M・ケック天文台の観測で示されており、2022年現在、2016年に発見されたGN-z11、2012年に発見され2018年に正確な赤方偏移が測定されたMACS1149-JD1に次いで3番目に遠い銀河である。 (ja)
  • EGSY8p7またはEGSY-2008532660はうしかい座の方向にある高赤方偏移銀河である。この銀河の分光学的な赤方偏移の値はz=8.68であり、地球からの見かけの距離はおよそ132億光年に相当する。宇宙がビッグバンによって誕生してから5億7000万年後にはこの銀河は存在していたことがハワイのW・M・ケック天文台の観測で示されており、2022年現在、2016年に発見されたGN-z11、2012年に発見され2018年に正確な赤方偏移が測定されたMACS1149-JD1に次いで3番目に遠い銀河である。 (ja)
rdfs:label
  • EGSY8p7 (ja)
  • EGSY8p7 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of