DICOM(ダイコム)とは、CTやMRI、CRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらを扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格である。 名称は Digital Imaging and COmmunications in Medicine の略である。とアメリカ電機工業会が制定した規格で、異なる製造業者の医用画像機器間で画像転送を可能とすることを目的としている。2000年代初頭までは、DICOM規格に各社の独自規格を組み合わせた形式(方言)が使用されることも多く、当初の理念を実現できない状態が続いていた。昨今はこのような違反は減少し、可搬性の点で医療者が頭を悩ます頻度は減った。

Property Value
dbo:abstract
  • DICOM(ダイコム)とは、CTやMRI、CRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらを扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格である。 名称は Digital Imaging and COmmunications in Medicine の略である。とアメリカ電機工業会が制定した規格で、異なる製造業者の医用画像機器間で画像転送を可能とすることを目的としている。2000年代初頭までは、DICOM規格に各社の独自規格を組み合わせた形式(方言)が使用されることも多く、当初の理念を実現できない状態が続いていた。昨今はこのような違反は減少し、可搬性の点で医療者が頭を悩ます頻度は減った。 (ja)
  • DICOM(ダイコム)とは、CTやMRI、CRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらを扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格である。 名称は Digital Imaging and COmmunications in Medicine の略である。とアメリカ電機工業会が制定した規格で、異なる製造業者の医用画像機器間で画像転送を可能とすることを目的としている。2000年代初頭までは、DICOM規格に各社の独自規格を組み合わせた形式(方言)が使用されることも多く、当初の理念を実現できない状態が続いていた。昨今はこのような違反は減少し、可搬性の点で医療者が頭を悩ます頻度は減った。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 519090 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3178 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86902473 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • DICOM(ダイコム)とは、CTやMRI、CRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらを扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格である。 名称は Digital Imaging and COmmunications in Medicine の略である。とアメリカ電機工業会が制定した規格で、異なる製造業者の医用画像機器間で画像転送を可能とすることを目的としている。2000年代初頭までは、DICOM規格に各社の独自規格を組み合わせた形式(方言)が使用されることも多く、当初の理念を実現できない状態が続いていた。昨今はこのような違反は減少し、可搬性の点で医療者が頭を悩ます頻度は減った。 (ja)
  • DICOM(ダイコム)とは、CTやMRI、CRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらを扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格である。 名称は Digital Imaging and COmmunications in Medicine の略である。とアメリカ電機工業会が制定した規格で、異なる製造業者の医用画像機器間で画像転送を可能とすることを目的としている。2000年代初頭までは、DICOM規格に各社の独自規格を組み合わせた形式(方言)が使用されることも多く、当初の理念を実現できない状態が続いていた。昨今はこのような違反は減少し、可搬性の点で医療者が頭を悩ます頻度は減った。 (ja)
rdfs:label
  • DICOM (ja)
  • DICOM (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of