ChAdOx1は、オックスフォード大学のジェンナー研究所が開発したアデノウイルスワクチンベクターである。このベクターは、チンパンジーのアデノウイルスを複製しないように改変したものである。 アデノウイルスは、コード化された組換え抗原に対する細胞免疫を誘導および増強するための効果的なベクターである。しかし、一般的なヒトアデノウイルス血清型に対する中和抗体のが、その使用を制限している。シミアンアデノウイルスは、同じ欠点に悩まされていない。そのため、研究者らは、チンパンジーアデノウイルスChAdOx1をベクターとして使用した新しいワクチンの試験を行ってきた。例えば、インフルエンザ感染症用のワクチンは、インフルエンザ抗原、核タンパク質(NP)、および基質スタンパク1(M1)を発現するベクターを使用して設計し、ChAdOx1 NP+M1と名付けられたワクチン候補を作成した。

Property Value
dbo:abstract
  • ChAdOx1は、オックスフォード大学のジェンナー研究所が開発したアデノウイルスワクチンベクターである。このベクターは、チンパンジーのアデノウイルスを複製しないように改変したものである。 アデノウイルスは、コード化された組換え抗原に対する細胞免疫を誘導および増強するための効果的なベクターである。しかし、一般的なヒトアデノウイルス血清型に対する中和抗体のが、その使用を制限している。シミアンアデノウイルスは、同じ欠点に悩まされていない。そのため、研究者らは、チンパンジーアデノウイルスChAdOx1をベクターとして使用した新しいワクチンの試験を行ってきた。例えば、インフルエンザ感染症用のワクチンは、インフルエンザ抗原、核タンパク質(NP)、および基質スタンパク1(M1)を発現するベクターを使用して設計し、ChAdOx1 NP+M1と名付けられたワクチン候補を作成した。 (ja)
  • ChAdOx1は、オックスフォード大学のジェンナー研究所が開発したアデノウイルスワクチンベクターである。このベクターは、チンパンジーのアデノウイルスを複製しないように改変したものである。 アデノウイルスは、コード化された組換え抗原に対する細胞免疫を誘導および増強するための効果的なベクターである。しかし、一般的なヒトアデノウイルス血清型に対する中和抗体のが、その使用を制限している。シミアンアデノウイルスは、同じ欠点に悩まされていない。そのため、研究者らは、チンパンジーアデノウイルスChAdOx1をベクターとして使用した新しいワクチンの試験を行ってきた。例えば、インフルエンザ感染症用のワクチンは、インフルエンザ抗原、核タンパク質(NP)、および基質スタンパク1(M1)を発現するベクターを使用して設計し、ChAdOx1 NP+M1と名付けられたワクチン候補を作成した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4316468 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10510 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86766277 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ChAdOx1は、オックスフォード大学のジェンナー研究所が開発したアデノウイルスワクチンベクターである。このベクターは、チンパンジーのアデノウイルスを複製しないように改変したものである。 アデノウイルスは、コード化された組換え抗原に対する細胞免疫を誘導および増強するための効果的なベクターである。しかし、一般的なヒトアデノウイルス血清型に対する中和抗体のが、その使用を制限している。シミアンアデノウイルスは、同じ欠点に悩まされていない。そのため、研究者らは、チンパンジーアデノウイルスChAdOx1をベクターとして使用した新しいワクチンの試験を行ってきた。例えば、インフルエンザ感染症用のワクチンは、インフルエンザ抗原、核タンパク質(NP)、および基質スタンパク1(M1)を発現するベクターを使用して設計し、ChAdOx1 NP+M1と名付けられたワクチン候補を作成した。 (ja)
  • ChAdOx1は、オックスフォード大学のジェンナー研究所が開発したアデノウイルスワクチンベクターである。このベクターは、チンパンジーのアデノウイルスを複製しないように改変したものである。 アデノウイルスは、コード化された組換え抗原に対する細胞免疫を誘導および増強するための効果的なベクターである。しかし、一般的なヒトアデノウイルス血清型に対する中和抗体のが、その使用を制限している。シミアンアデノウイルスは、同じ欠点に悩まされていない。そのため、研究者らは、チンパンジーアデノウイルスChAdOx1をベクターとして使用した新しいワクチンの試験を行ってきた。例えば、インフルエンザ感染症用のワクチンは、インフルエンザ抗原、核タンパク質(NP)、および基質スタンパク1(M1)を発現するベクターを使用して設計し、ChAdOx1 NP+M1と名付けられたワクチン候補を作成した。 (ja)
rdfs:label
  • ChAdOx1 (ja)
  • ChAdOx1 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of