CUPS(カップス、以前の名称はCommon UNIX Printing System)とはUnix系オペレーティングシステム (OS) 用のモジュール化された印刷システムである。CUPSは、Mac OSやWindowsの印刷機構に遅れをとっていたUnix系OSに強力な印刷機能をもたらすことになった。CUPSではUnix系OSでプリンターの形式・型ごとに独自に書き上げねばならなかったデバイスドライバの作成が極めて容易になり、過去にUnix系OSが対応していた特殊なラインプリンターとPostScriptプリンターのみならず、Macintosh/Windows向けに市販されているプリンターのほぼ全てがUnix系OS上から利用できるようになるとされている。 CUPSを運用しているコンピュータは、クライアントのコンピュータから印刷ジョブを受け取るサーバとなり、それらのジョブを処理して適切なプリンターへと送る。また、その際にはHTTPのBasic認証およびDigest認証、、128ビットTLS/SSL暗号化などを用いることもできる。

Property Value
dbo:abstract
  • CUPS(カップス、以前の名称はCommon UNIX Printing System)とはUnix系オペレーティングシステム (OS) 用のモジュール化された印刷システムである。CUPSは、Mac OSやWindowsの印刷機構に遅れをとっていたUnix系OSに強力な印刷機能をもたらすことになった。CUPSではUnix系OSでプリンターの形式・型ごとに独自に書き上げねばならなかったデバイスドライバの作成が極めて容易になり、過去にUnix系OSが対応していた特殊なラインプリンターとPostScriptプリンターのみならず、Macintosh/Windows向けに市販されているプリンターのほぼ全てがUnix系OS上から利用できるようになるとされている。 CUPSを運用しているコンピュータは、クライアントのコンピュータから印刷ジョブを受け取るサーバとなり、それらのジョブを処理して適切なプリンターへと送る。また、その際にはHTTPのBasic認証およびDigest認証、、128ビットTLS/SSL暗号化などを用いることもできる。 CUPSはUnixの印刷スプーラとスケジューラ、フィルタシステム、およびバックエンド・システムからなる。このうち、フィルタシステムは印刷データをプリンターが理解可能な形式へ変換することを受け持ち、バックエンドシステムはそのデータをプリンターへと送ることを受け持つ。CUPSは印刷ジョブとキューを取り扱う基盤としてIPP (Internet Printing Protocol) を用いている。またCUPSはUnixで伝統的なSystem V形式とBSD(バークレー)形式のコマンドラインインタフェースもサポートしており、さらにSMBプロトコルも部分的にサポートしている。CUPSが提供するデバイスドライバは、アドビのPPD (PostScript Printer Description) 形式のテキストファイルを用いて設定が可能である。CUPSを設定するためCUPS自身はウェブ (HTTP) を用いた組込みのインタフェースを有している。また多くのユーザインタフェースがさまざまなプラットフォームに対して用意されており、ESP Print Proといった商用パッケージだけでなく、KUPS、GtkLP、QtKUPS、XPPなどのオープンソースライセンスで開発されているGUIがいくつも存在する。CUPSはmacOS版のみプロプライエタリライセンス、その他のOS向けにはApache Licenseの元で配布されている。以前はGNU General Public LicenseとGNU Lesser General Public License, Version 2で配布されていた。 (ja)
  • CUPS(カップス、以前の名称はCommon UNIX Printing System)とはUnix系オペレーティングシステム (OS) 用のモジュール化された印刷システムである。CUPSは、Mac OSやWindowsの印刷機構に遅れをとっていたUnix系OSに強力な印刷機能をもたらすことになった。CUPSではUnix系OSでプリンターの形式・型ごとに独自に書き上げねばならなかったデバイスドライバの作成が極めて容易になり、過去にUnix系OSが対応していた特殊なラインプリンターとPostScriptプリンターのみならず、Macintosh/Windows向けに市販されているプリンターのほぼ全てがUnix系OS上から利用できるようになるとされている。 CUPSを運用しているコンピュータは、クライアントのコンピュータから印刷ジョブを受け取るサーバとなり、それらのジョブを処理して適切なプリンターへと送る。また、その際にはHTTPのBasic認証およびDigest認証、、128ビットTLS/SSL暗号化などを用いることもできる。 CUPSはUnixの印刷スプーラとスケジューラ、フィルタシステム、およびバックエンド・システムからなる。このうち、フィルタシステムは印刷データをプリンターが理解可能な形式へ変換することを受け持ち、バックエンドシステムはそのデータをプリンターへと送ることを受け持つ。CUPSは印刷ジョブとキューを取り扱う基盤としてIPP (Internet Printing Protocol) を用いている。またCUPSはUnixで伝統的なSystem V形式とBSD(バークレー)形式のコマンドラインインタフェースもサポートしており、さらにSMBプロトコルも部分的にサポートしている。CUPSが提供するデバイスドライバは、アドビのPPD (PostScript Printer Description) 形式のテキストファイルを用いて設定が可能である。CUPSを設定するためCUPS自身はウェブ (HTTP) を用いた組込みのインタフェースを有している。また多くのユーザインタフェースがさまざまなプラットフォームに対して用意されており、ESP Print Proといった商用パッケージだけでなく、KUPS、GtkLP、QtKUPS、XPPなどのオープンソースライセンスで開発されているGUIがいくつも存在する。CUPSはmacOS版のみプロプライエタリライセンス、その他のOS向けにはApache Licenseの元で配布されている。以前はGNU General Public LicenseとGNU Lesser General Public License, Version 2で配布されていた。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 2.3.3
  • 2.3.3op2
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:publisher
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 275040 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 12005 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88251448 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
  • (ja)
  • Apache License 2.0 (ja)
  • (ja)
  • Apache License 2.0 (ja)
prop-ja:ロゴ
  • File:CUPS.svg (ja)
  • File:CUPS.svg (ja)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:前身
  • Apple CUPS (ja)
  • Apple CUPS (ja)
prop-ja:名称
  • CUPS (ja)
  • OpenPrinting CUPS (ja)
  • CUPS (ja)
  • OpenPrinting CUPS (ja)
prop-ja:対応os
  • (ja)
  • Unix系 (ja)
  • Windows (ja)
  • (ja)
  • Unix系 (ja)
  • Windows (ja)
prop-ja:後継
  • OpenPrinting CUPS (ja)
  • OpenPrinting CUPS (ja)
prop-ja:最新版
  • 2.300000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
prop-ja:開発者
  • OpenPrintingとコミュニティ (ja)
  • OpenPrintingとコミュニティ (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • CUPS(カップス、以前の名称はCommon UNIX Printing System)とはUnix系オペレーティングシステム (OS) 用のモジュール化された印刷システムである。CUPSは、Mac OSやWindowsの印刷機構に遅れをとっていたUnix系OSに強力な印刷機能をもたらすことになった。CUPSではUnix系OSでプリンターの形式・型ごとに独自に書き上げねばならなかったデバイスドライバの作成が極めて容易になり、過去にUnix系OSが対応していた特殊なラインプリンターとPostScriptプリンターのみならず、Macintosh/Windows向けに市販されているプリンターのほぼ全てがUnix系OS上から利用できるようになるとされている。 CUPSを運用しているコンピュータは、クライアントのコンピュータから印刷ジョブを受け取るサーバとなり、それらのジョブを処理して適切なプリンターへと送る。また、その際にはHTTPのBasic認証およびDigest認証、、128ビットTLS/SSL暗号化などを用いることもできる。 (ja)
  • CUPS(カップス、以前の名称はCommon UNIX Printing System)とはUnix系オペレーティングシステム (OS) 用のモジュール化された印刷システムである。CUPSは、Mac OSやWindowsの印刷機構に遅れをとっていたUnix系OSに強力な印刷機能をもたらすことになった。CUPSではUnix系OSでプリンターの形式・型ごとに独自に書き上げねばならなかったデバイスドライバの作成が極めて容易になり、過去にUnix系OSが対応していた特殊なラインプリンターとPostScriptプリンターのみならず、Macintosh/Windows向けに市販されているプリンターのほぼ全てがUnix系OS上から利用できるようになるとされている。 CUPSを運用しているコンピュータは、クライアントのコンピュータから印刷ジョブを受け取るサーバとなり、それらのジョブを処理して適切なプリンターへと送る。また、その際にはHTTPのBasic認証およびDigest認証、、128ビットTLS/SSL暗号化などを用いることもできる。 (ja)
rdfs:label
  • CUPS (ja)
  • CUPS (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • CUPS (ja)
  • OpenPrinting CUPS (ja)
  • CUPS (ja)
  • OpenPrinting CUPS (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of