ASC-15(Advance System Controller Model 15)は、タイタンII大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載するためにInternational Business Machines(IBM)が開発したデジタルコンピュータである。その後、改良され、タイタンIIIとサターンIブロックII打上げ用ロケットで使用された。 これらのロケットの主な機能は、慣性計測装置からのデータを使用してナビゲーション計算を行うことである。また、打ち上げ前の準備点検も実行した。これは、27ビットワードの固定小数点データを使用するデジタルシリアルプロセッサーである。記憶装置はドラムメモリである。電子回路は、抵抗器、トランジスタ、コンデンサ、その他のディスクリート部品を溶接し、発泡材で封入した溶接封止モジュールである。ニューヨーク州にあるIBM工場で製造された。

Property Value
dbo:abstract
  • ASC-15(Advance System Controller Model 15)は、タイタンII大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載するためにInternational Business Machines(IBM)が開発したデジタルコンピュータである。その後、改良され、タイタンIIIとサターンIブロックII打上げ用ロケットで使用された。 これらのロケットの主な機能は、慣性計測装置からのデータを使用してナビゲーション計算を行うことである。また、打ち上げ前の準備点検も実行した。これは、27ビットワードの固定小数点データを使用するデジタルシリアルプロセッサーである。記憶装置はドラムメモリである。電子回路は、抵抗器、トランジスタ、コンデンサ、その他のディスクリート部品を溶接し、発泡材で封入した溶接封止モジュールである。ニューヨーク州にあるIBM工場で製造された。 (ja)
  • ASC-15(Advance System Controller Model 15)は、タイタンII大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載するためにInternational Business Machines(IBM)が開発したデジタルコンピュータである。その後、改良され、タイタンIIIとサターンIブロックII打上げ用ロケットで使用された。 これらのロケットの主な機能は、慣性計測装置からのデータを使用してナビゲーション計算を行うことである。また、打ち上げ前の準備点検も実行した。これは、27ビットワードの固定小数点データを使用するデジタルシリアルプロセッサーである。記憶装置はドラムメモリである。電子回路は、抵抗器、トランジスタ、コンデンサ、その他のディスクリート部品を溶接し、発泡材で封入した溶接封止モジュールである。ニューヨーク州にあるIBM工場で製造された。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4418230 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11386 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 84627222 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ASC-15(Advance System Controller Model 15)は、タイタンII大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載するためにInternational Business Machines(IBM)が開発したデジタルコンピュータである。その後、改良され、タイタンIIIとサターンIブロックII打上げ用ロケットで使用された。 これらのロケットの主な機能は、慣性計測装置からのデータを使用してナビゲーション計算を行うことである。また、打ち上げ前の準備点検も実行した。これは、27ビットワードの固定小数点データを使用するデジタルシリアルプロセッサーである。記憶装置はドラムメモリである。電子回路は、抵抗器、トランジスタ、コンデンサ、その他のディスクリート部品を溶接し、発泡材で封入した溶接封止モジュールである。ニューヨーク州にあるIBM工場で製造された。 (ja)
  • ASC-15(Advance System Controller Model 15)は、タイタンII大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載するためにInternational Business Machines(IBM)が開発したデジタルコンピュータである。その後、改良され、タイタンIIIとサターンIブロックII打上げ用ロケットで使用された。 これらのロケットの主な機能は、慣性計測装置からのデータを使用してナビゲーション計算を行うことである。また、打ち上げ前の準備点検も実行した。これは、27ビットワードの固定小数点データを使用するデジタルシリアルプロセッサーである。記憶装置はドラムメモリである。電子回路は、抵抗器、トランジスタ、コンデンサ、その他のディスクリート部品を溶接し、発泡材で封入した溶接封止モジュールである。ニューヨーク州にあるIBM工場で製造された。 (ja)
rdfs:label
  • ASC-15 (ja)
  • ASC-15 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of