AA-52またはAAT-52(Arme Automatique Transformable Modèle 1952)は、フランスが第二次世界大戦後に開発した汎用機関銃である。現在では専ら車両搭載用として使われており、歩兵用機関銃の役割は、より軽量なミニミ軽機関銃に譲っている。

Property Value
dbo:abstract
  • AA-52またはAAT-52(Arme Automatique Transformable Modèle 1952)は、フランスが第二次世界大戦後に開発した汎用機関銃である。現在では専ら車両搭載用として使われており、歩兵用機関銃の役割は、より軽量なミニミ軽機関銃に譲っている。 (ja)
  • AA-52またはAAT-52(Arme Automatique Transformable Modèle 1952)は、フランスが第二次世界大戦後に開発した汎用機関銃である。現在では専ら車両搭載用として使われており、歩兵用機関銃の役割は、より軽量なミニミ軽機関銃に譲っている。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 884474 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5692 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86661655 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
prop-ja:全長
  • 1080.0
prop-ja:口径
  • 7.500000 (xsd:double)
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-ja:名称
  • AA-52 (ja)
  • AA-52 (ja)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 900 (xsd:integer)
prop-ja:種別
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
prop-ja:設計・製造
prop-ja:配備期間
  • 1952 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 9750.0
prop-ja:銃口初速
  • 830 (xsd:integer)
prop-ja:銃身長
  • 600.0
dct:subject
rdfs:comment
  • AA-52またはAAT-52(Arme Automatique Transformable Modèle 1952)は、フランスが第二次世界大戦後に開発した汎用機関銃である。現在では専ら車両搭載用として使われており、歩兵用機関銃の役割は、より軽量なミニミ軽機関銃に譲っている。 (ja)
  • AA-52またはAAT-52(Arme Automatique Transformable Modèle 1952)は、フランスが第二次世界大戦後に開発した汎用機関銃である。現在では専ら車両搭載用として使われており、歩兵用機関銃の役割は、より軽量なミニミ軽機関銃に譲っている。 (ja)
rdfs:label
  • AA-52 (ja)
  • AA-52 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:副武装 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of