4GL とは、第四世代言語 (4th generation language)の略である。FORTRANやCOBOLのような手続き型言語より、より高機能なプログラム言語を一般的に指す。主にアプリケーションプログラムを開発する際に用いられる。 4GL言語は単体で存在することよりも、特定のアプリケーション開発システム(たとえばデータベースシステム)と組になって提供されることが多い。たとえば、データベースアクセスや報告書作成用言語やDBMSの言語、OracleのPL/SQLなどである。 第四世代言語はプログラマーだけではなく、エンドユーザーでも簡単なパラメーターを対話形式で指定するだけで、表計算のような業務処理を行ったり、あるいはプログラムを作成したり出来るようになっているのが特徴である。 第四世代というのは、機械語を第一世代、アセンブリ言語を第二世代、手続き型言語一般を第三世代と解釈するからである。 4GLはドメイン固有言語(DSL)とよく比較される。研究者によっては、4GLはDSLのサブセットだとする者もいる。アセンブリ言語が最新の開発環境(MS Studio)にもあることから、今後も各世代の言語が混在して利用されると予想する者もいる。 Forthは、4番目の言語という意味が名前の由来である。しかし4GLではない。

Property Value
dbo:abstract
  • 4GL とは、第四世代言語 (4th generation language)の略である。FORTRANやCOBOLのような手続き型言語より、より高機能なプログラム言語を一般的に指す。主にアプリケーションプログラムを開発する際に用いられる。 4GL言語は単体で存在することよりも、特定のアプリケーション開発システム(たとえばデータベースシステム)と組になって提供されることが多い。たとえば、データベースアクセスや報告書作成用言語やDBMSの言語、OracleのPL/SQLなどである。 第四世代言語はプログラマーだけではなく、エンドユーザーでも簡単なパラメーターを対話形式で指定するだけで、表計算のような業務処理を行ったり、あるいはプログラムを作成したり出来るようになっているのが特徴である。 第四世代というのは、機械語を第一世代、アセンブリ言語を第二世代、手続き型言語一般を第三世代と解釈するからである。 4GLの定量的定義は、Capers Jones がファンクションポイント法の研究の一環として行った。それによると、プログラミング言語の世代は開発者の生産性で決まり、人月当たりのファンクションポイント数(FP)で表される。4GLは、12 FP/人月から 20 FP/人月となる言語である。これをソースコードの行数に換算すると、ファンクションポイント当たり16行から27行でコーディングできるのが4GLだということになる。 4GLはドメイン固有言語(DSL)とよく比較される。研究者によっては、4GLはDSLのサブセットだとする者もいる。アセンブリ言語が最新の開発環境(MS Studio)にもあることから、今後も各世代の言語が混在して利用されると予想する者もいる。 Forthは、4番目の言語という意味が名前の由来である。しかし4GLではない。 (ja)
  • 4GL とは、第四世代言語 (4th generation language)の略である。FORTRANやCOBOLのような手続き型言語より、より高機能なプログラム言語を一般的に指す。主にアプリケーションプログラムを開発する際に用いられる。 4GL言語は単体で存在することよりも、特定のアプリケーション開発システム(たとえばデータベースシステム)と組になって提供されることが多い。たとえば、データベースアクセスや報告書作成用言語やDBMSの言語、OracleのPL/SQLなどである。 第四世代言語はプログラマーだけではなく、エンドユーザーでも簡単なパラメーターを対話形式で指定するだけで、表計算のような業務処理を行ったり、あるいはプログラムを作成したり出来るようになっているのが特徴である。 第四世代というのは、機械語を第一世代、アセンブリ言語を第二世代、手続き型言語一般を第三世代と解釈するからである。 4GLの定量的定義は、Capers Jones がファンクションポイント法の研究の一環として行った。それによると、プログラミング言語の世代は開発者の生産性で決まり、人月当たりのファンクションポイント数(FP)で表される。4GLは、12 FP/人月から 20 FP/人月となる言語である。これをソースコードの行数に換算すると、ファンクションポイント当たり16行から27行でコーディングできるのが4GLだということになる。 4GLはドメイン固有言語(DSL)とよく比較される。研究者によっては、4GLはDSLのサブセットだとする者もいる。アセンブリ言語が最新の開発環境(MS Studio)にもあることから、今後も各世代の言語が混在して利用されると予想する者もいる。 Forthは、4番目の言語という意味が名前の由来である。しかし4GLではない。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 194705 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6717 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77499649 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 4GL とは、第四世代言語 (4th generation language)の略である。FORTRANやCOBOLのような手続き型言語より、より高機能なプログラム言語を一般的に指す。主にアプリケーションプログラムを開発する際に用いられる。 4GL言語は単体で存在することよりも、特定のアプリケーション開発システム(たとえばデータベースシステム)と組になって提供されることが多い。たとえば、データベースアクセスや報告書作成用言語やDBMSの言語、OracleのPL/SQLなどである。 第四世代言語はプログラマーだけではなく、エンドユーザーでも簡単なパラメーターを対話形式で指定するだけで、表計算のような業務処理を行ったり、あるいはプログラムを作成したり出来るようになっているのが特徴である。 第四世代というのは、機械語を第一世代、アセンブリ言語を第二世代、手続き型言語一般を第三世代と解釈するからである。 4GLはドメイン固有言語(DSL)とよく比較される。研究者によっては、4GLはDSLのサブセットだとする者もいる。アセンブリ言語が最新の開発環境(MS Studio)にもあることから、今後も各世代の言語が混在して利用されると予想する者もいる。 Forthは、4番目の言語という意味が名前の由来である。しかし4GLではない。 (ja)
  • 4GL とは、第四世代言語 (4th generation language)の略である。FORTRANやCOBOLのような手続き型言語より、より高機能なプログラム言語を一般的に指す。主にアプリケーションプログラムを開発する際に用いられる。 4GL言語は単体で存在することよりも、特定のアプリケーション開発システム(たとえばデータベースシステム)と組になって提供されることが多い。たとえば、データベースアクセスや報告書作成用言語やDBMSの言語、OracleのPL/SQLなどである。 第四世代言語はプログラマーだけではなく、エンドユーザーでも簡単なパラメーターを対話形式で指定するだけで、表計算のような業務処理を行ったり、あるいはプログラムを作成したり出来るようになっているのが特徴である。 第四世代というのは、機械語を第一世代、アセンブリ言語を第二世代、手続き型言語一般を第三世代と解釈するからである。 4GLはドメイン固有言語(DSL)とよく比較される。研究者によっては、4GLはDSLのサブセットだとする者もいる。アセンブリ言語が最新の開発環境(MS Studio)にもあることから、今後も各世代の言語が混在して利用されると予想する者もいる。 Forthは、4番目の言語という意味が名前の由来である。しかし4GLではない。 (ja)
rdfs:label
  • 4GL (ja)
  • 4GL (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of