高峰顕日(こうほう けんにち、仁治2年(1241年)- 正和5年10月20日(1316年11月5日))は、鎌倉時代後期の臨済宗の僧。後嵯峨天皇の第二皇子。諱は顕日。字は高峰。密道と号した。諡号は仏国禅師・仏国応供広済国師。

Property Value
dbo:abstract
  • 高峰顕日(こうほう けんにち、仁治2年(1241年)- 正和5年10月20日(1316年11月5日))は、鎌倉時代後期の臨済宗の僧。後嵯峨天皇の第二皇子。諱は顕日。字は高峰。密道と号した。諡号は仏国禅師・仏国応供広済国師。 (ja)
  • 高峰顕日(こうほう けんにち、仁治2年(1241年)- 正和5年10月20日(1316年11月5日))は、鎌倉時代後期の臨済宗の僧。後嵯峨天皇の第二皇子。諱は顕日。字は高峰。密道と号した。諡号は仏国禅師・仏国応供広済国師。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 401112 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 662 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77526997 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 高峰顕日(こうほう けんにち、仁治2年(1241年)- 正和5年10月20日(1316年11月5日))は、鎌倉時代後期の臨済宗の僧。後嵯峨天皇の第二皇子。諱は顕日。字は高峰。密道と号した。諡号は仏国禅師・仏国応供広済国師。 (ja)
  • 高峰顕日(こうほう けんにち、仁治2年(1241年)- 正和5年10月20日(1316年11月5日))は、鎌倉時代後期の臨済宗の僧。後嵯峨天皇の第二皇子。諱は顕日。字は高峰。密道と号した。諡号は仏国禅師・仏国応供広済国師。 (ja)
rdfs:label
  • 高峰顕日 (ja)
  • 高峰顕日 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is prop-ja:弟子 of
is prop-ja:開基 of
is prop-ja:開山 of
is foaf:primaryTopic of