里見 義豊(さとみ よしとよ、?- 天文3年4月6日(1534年5月18日))は、戦国時代の大名。安房里見氏の第4代当主。里見義通の長男。左馬頭。高巖院殿長義居士。子に小原貞通、がいるとされ、家宗は越後里見氏の祖となったという。孫に義宗、中澤忠宗(家宗の子)、曾孫に宗基、中澤忠重(義宗の子)、玄孫に宗助、岡藩士の中澤義虎(宗基の子)がいるという。 大永7年(1527年)12月23日、上総国菅生荘矢那郷の大野大膳亮に対して鋳物大工職の地位を与え、自らの金属需要を充足させようとした(『大野文書』)。

Property Value
dbo:abstract
  • 里見 義豊(さとみ よしとよ、?- 天文3年4月6日(1534年5月18日))は、戦国時代の大名。安房里見氏の第4代当主。里見義通の長男。左馬頭。高巖院殿長義居士。子に小原貞通、がいるとされ、家宗は越後里見氏の祖となったという。孫に義宗、中澤忠宗(家宗の子)、曾孫に宗基、中澤忠重(義宗の子)、玄孫に宗助、岡藩士の中澤義虎(宗基の子)がいるという。 大永7年(1527年)12月23日、上総国菅生荘矢那郷の大野大膳亮に対して鋳物大工職の地位を与え、自らの金属需要を充足させようとした(『大野文書』)。 (ja)
  • 里見 義豊(さとみ よしとよ、?- 天文3年4月6日(1534年5月18日))は、戦国時代の大名。安房里見氏の第4代当主。里見義通の長男。左馬頭。高巖院殿長義居士。子に小原貞通、がいるとされ、家宗は越後里見氏の祖となったという。孫に義宗、中澤忠宗(家宗の子)、曾孫に宗基、中澤忠重(義宗の子)、玄孫に宗助、岡藩士の中澤義虎(宗基の子)がいるという。 大永7年(1527年)12月23日、上総国菅生荘矢那郷の大野大膳亮に対して鋳物大工職の地位を与え、自らの金属需要を充足させようとした(『大野文書』)。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 266097 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2076 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78831904 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 里見 義豊(さとみ よしとよ、?- 天文3年4月6日(1534年5月18日))は、戦国時代の大名。安房里見氏の第4代当主。里見義通の長男。左馬頭。高巖院殿長義居士。子に小原貞通、がいるとされ、家宗は越後里見氏の祖となったという。孫に義宗、中澤忠宗(家宗の子)、曾孫に宗基、中澤忠重(義宗の子)、玄孫に宗助、岡藩士の中澤義虎(宗基の子)がいるという。 大永7年(1527年)12月23日、上総国菅生荘矢那郷の大野大膳亮に対して鋳物大工職の地位を与え、自らの金属需要を充足させようとした(『大野文書』)。 (ja)
  • 里見 義豊(さとみ よしとよ、?- 天文3年4月6日(1534年5月18日))は、戦国時代の大名。安房里見氏の第4代当主。里見義通の長男。左馬頭。高巖院殿長義居士。子に小原貞通、がいるとされ、家宗は越後里見氏の祖となったという。孫に義宗、中澤忠宗(家宗の子)、曾孫に宗基、中澤忠重(義宗の子)、玄孫に宗助、岡藩士の中澤義虎(宗基の子)がいるという。 大永7年(1527年)12月23日、上総国菅生荘矢那郷の大野大膳亮に対して鋳物大工職の地位を与え、自らの金属需要を充足させようとした(『大野文書』)。 (ja)
rdfs:label
  • 里見義豊 (ja)
  • 里見義豊 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:child of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:rulers of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of