規庵祖円(きあん そえん、弘長元年1月8日(1261年2月8日)- 正和2年4月2日(1313年4月28日))は、鎌倉時代後期の臨済宗の僧。出生は信濃国水内郡長池。諡号は南院国師。信濃源氏井上氏の一族。 鎌倉浄妙寺の帰化僧・竜江宣のもとで出家、得度し、弘安3年(1280年)、前年に渡来した建長寺の無学祖元に入門する。弘安9年(1286年)には東福寺の無関普門の門下となる。また興国寺の心地覚心などのもとで参禅した。 1292年(正応5年)無関普門のあとを受けて南禅寺2世住持となって、無学祖元の法を継いだ。南禅寺の諸堂宇を建立・整備し、勅諡として南院国師の号を賜った。

Property Value
dbo:abstract
  • 規庵祖円(きあん そえん、弘長元年1月8日(1261年2月8日)- 正和2年4月2日(1313年4月28日))は、鎌倉時代後期の臨済宗の僧。出生は信濃国水内郡長池。諡号は南院国師。信濃源氏井上氏の一族。 鎌倉浄妙寺の帰化僧・竜江宣のもとで出家、得度し、弘安3年(1280年)、前年に渡来した建長寺の無学祖元に入門する。弘安9年(1286年)には東福寺の無関普門の門下となる。また興国寺の心地覚心などのもとで参禅した。 1292年(正応5年)無関普門のあとを受けて南禅寺2世住持となって、無学祖元の法を継いだ。南禅寺の諸堂宇を建立・整備し、勅諡として南院国師の号を賜った。 (ja)
  • 規庵祖円(きあん そえん、弘長元年1月8日(1261年2月8日)- 正和2年4月2日(1313年4月28日))は、鎌倉時代後期の臨済宗の僧。出生は信濃国水内郡長池。諡号は南院国師。信濃源氏井上氏の一族。 鎌倉浄妙寺の帰化僧・竜江宣のもとで出家、得度し、弘安3年(1280年)、前年に渡来した建長寺の無学祖元に入門する。弘安9年(1286年)には東福寺の無関普門の門下となる。また興国寺の心地覚心などのもとで参禅した。 1292年(正応5年)無関普門のあとを受けて南禅寺2世住持となって、無学祖元の法を継いだ。南禅寺の諸堂宇を建立・整備し、勅諡として南院国師の号を賜った。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 419728 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 669 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 73425634 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 規庵祖円(きあん そえん、弘長元年1月8日(1261年2月8日)- 正和2年4月2日(1313年4月28日))は、鎌倉時代後期の臨済宗の僧。出生は信濃国水内郡長池。諡号は南院国師。信濃源氏井上氏の一族。 鎌倉浄妙寺の帰化僧・竜江宣のもとで出家、得度し、弘安3年(1280年)、前年に渡来した建長寺の無学祖元に入門する。弘安9年(1286年)には東福寺の無関普門の門下となる。また興国寺の心地覚心などのもとで参禅した。 1292年(正応5年)無関普門のあとを受けて南禅寺2世住持となって、無学祖元の法を継いだ。南禅寺の諸堂宇を建立・整備し、勅諡として南院国師の号を賜った。 (ja)
  • 規庵祖円(きあん そえん、弘長元年1月8日(1261年2月8日)- 正和2年4月2日(1313年4月28日))は、鎌倉時代後期の臨済宗の僧。出生は信濃国水内郡長池。諡号は南院国師。信濃源氏井上氏の一族。 鎌倉浄妙寺の帰化僧・竜江宣のもとで出家、得度し、弘安3年(1280年)、前年に渡来した建長寺の無学祖元に入門する。弘安9年(1286年)には東福寺の無関普門の門下となる。また興国寺の心地覚心などのもとで参禅した。 1292年(正応5年)無関普門のあとを受けて南禅寺2世住持となって、無学祖元の法を継いだ。南禅寺の諸堂宇を建立・整備し、勅諡として南院国師の号を賜った。 (ja)
rdfs:label
  • 規庵祖円 (ja)
  • 規庵祖円 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:弟子 of
is foaf:primaryTopic of