真土事件(しんどじけん)は1878年(明治11年)、神奈川県大住郡真土村(現平塚市)に起こった農民暴動。「真土騒動」「松木騒動」とも言う。 村人は村の戸長に土地を質入れして金を借りていたが、明治8年に地租改正が始まったことにより、所有権喪失を恐れて戸長に掛け合ったところ、戸長が村民65人の質入地235ヘクタールを勝手に自分の名義に変えていたことが発覚。村民が訴えて裁判となり、一審では村人が勝訴したが、二審では敗訴。再審の費用の無い村人は暴動を起こし、戸長一家を殺害した。また泉鏡花はこの事件を素材とした『冠弥左衛門』を書いて文壇にテビューした。

Property Value
dbo:abstract
  • 真土事件(しんどじけん)は1878年(明治11年)、神奈川県大住郡真土村(現平塚市)に起こった農民暴動。「真土騒動」「松木騒動」とも言う。 村人は村の戸長に土地を質入れして金を借りていたが、明治8年に地租改正が始まったことにより、所有権喪失を恐れて戸長に掛け合ったところ、戸長が村民65人の質入地235ヘクタールを勝手に自分の名義に変えていたことが発覚。村民が訴えて裁判となり、一審では村人が勝訴したが、二審では敗訴。再審の費用の無い村人は暴動を起こし、戸長一家を殺害した。また泉鏡花はこの事件を素材とした『冠弥左衛門』を書いて文壇にテビューした。 (ja)
  • 真土事件(しんどじけん)は1878年(明治11年)、神奈川県大住郡真土村(現平塚市)に起こった農民暴動。「真土騒動」「松木騒動」とも言う。 村人は村の戸長に土地を質入れして金を借りていたが、明治8年に地租改正が始まったことにより、所有権喪失を恐れて戸長に掛け合ったところ、戸長が村民65人の質入地235ヘクタールを勝手に自分の名義に変えていたことが発覚。村民が訴えて裁判となり、一審では村人が勝訴したが、二審では敗訴。再審の費用の無い村人は暴動を起こし、戸長一家を殺害した。また泉鏡花はこの事件を素材とした『冠弥左衛門』を書いて文壇にテビューした。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 857544 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6746 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 6768 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80344654 (xsd:integer)
  • 82850199 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 真土事件(しんどじけん)は1878年(明治11年)、神奈川県大住郡真土村(現平塚市)に起こった農民暴動。「真土騒動」「松木騒動」とも言う。 村人は村の戸長に土地を質入れして金を借りていたが、明治8年に地租改正が始まったことにより、所有権喪失を恐れて戸長に掛け合ったところ、戸長が村民65人の質入地235ヘクタールを勝手に自分の名義に変えていたことが発覚。村民が訴えて裁判となり、一審では村人が勝訴したが、二審では敗訴。再審の費用の無い村人は暴動を起こし、戸長一家を殺害した。また泉鏡花はこの事件を素材とした『冠弥左衛門』を書いて文壇にテビューした。 (ja)
  • 真土事件(しんどじけん)は1878年(明治11年)、神奈川県大住郡真土村(現平塚市)に起こった農民暴動。「真土騒動」「松木騒動」とも言う。 村人は村の戸長に土地を質入れして金を借りていたが、明治8年に地租改正が始まったことにより、所有権喪失を恐れて戸長に掛け合ったところ、戸長が村民65人の質入地235ヘクタールを勝手に自分の名義に変えていたことが発覚。村民が訴えて裁判となり、一審では村人が勝訴したが、二審では敗訴。再審の費用の無い村人は暴動を起こし、戸長一家を殺害した。また泉鏡花はこの事件を素材とした『冠弥左衛門』を書いて文壇にテビューした。 (ja)
rdfs:label
  • 真土事件 (ja)
  • 真土事件 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of