直良 信夫(なおら のぶお、1902年1月1日 - 1985年11月2日)は、日本の考古学者、、古生物学者、文学博士。 明石人、葛生人などの発見で知られる。また、従来の日本考古学では等閑に付されていた、遺跡から出土する骨や種子といった、動物植物の様々な遺骸を考古学的に研究し、過去の食物や環境復元を進めた。特に貝塚研究では先駆的業績をあげ、今日の動物考古学や環境考古学の礎(いしずえ)を築いた。明石市受賞。なお直良姓は婿養子として結婚後の姓であり、旧姓は村本。

Property Value
dbo:abstract
  • 直良 信夫(なおら のぶお、1902年1月1日 - 1985年11月2日)は、日本の考古学者、、古生物学者、文学博士。 明石人、葛生人などの発見で知られる。また、従来の日本考古学では等閑に付されていた、遺跡から出土する骨や種子といった、動物植物の様々な遺骸を考古学的に研究し、過去の食物や環境復元を進めた。特に貝塚研究では先駆的業績をあげ、今日の動物考古学や環境考古学の礎(いしずえ)を築いた。明石市受賞。なお直良姓は婿養子として結婚後の姓であり、旧姓は村本。 (ja)
  • 直良 信夫(なおら のぶお、1902年1月1日 - 1985年11月2日)は、日本の考古学者、、古生物学者、文学博士。 明石人、葛生人などの発見で知られる。また、従来の日本考古学では等閑に付されていた、遺跡から出土する骨や種子といった、動物植物の様々な遺骸を考古学的に研究し、過去の食物や環境復元を進めた。特に貝塚研究では先駆的業績をあげ、今日の動物考古学や環境考古学の礎(いしずえ)を築いた。明石市受賞。なお直良姓は婿養子として結婚後の姓であり、旧姓は村本。 (ja)
dbo:affiliation
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1985-11-02 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:field
dbo:knownFor
dbo:nationality
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 369500 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5137 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 5202 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80188057 (xsd:integer)
  • 83679618 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 岩倉鉄道学校工業化学科夜間部 (ja)
  • 岩倉鉄道学校工業化学科夜間部 (ja)
prop-ja:birthDate
  • --01-01
prop-ja:birthPlace
  • 大分県北海部郡臼杵町(現・臼杵市) (ja)
  • 大分県北海部郡臼杵町(現・臼杵市) (ja)
prop-ja:deathDate
  • 1985-11-02 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 島根県出雲市 (ja)
  • 島根県出雲市 (ja)
prop-ja:field
prop-ja:footnotes
  • 出生時の名前は村本信夫。 (ja)
  • 出生時の名前は村本信夫。 (ja)
prop-ja:knownFor
  • (ja)
  • 原始時代の動植物の研究 (ja)
  • 日本における原人人骨の発見 (ja)
  • 日本における植物化石の発見 (ja)
  • (ja)
  • 原始時代の動植物の研究 (ja)
  • 日本における原人人骨の発見 (ja)
  • 日本における植物化石の発見 (ja)
prop-ja:name
  • 直良信夫 (ja)
  • 直良信夫 (ja)
prop-ja:prizes
  • 明石市文化功労賞(1985年) (ja)
  • 明石市文化功労賞(1985年) (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workInstitution
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 直良 信夫(なおら のぶお、1902年1月1日 - 1985年11月2日)は、日本の考古学者、、古生物学者、文学博士。 明石人、葛生人などの発見で知られる。また、従来の日本考古学では等閑に付されていた、遺跡から出土する骨や種子といった、動物植物の様々な遺骸を考古学的に研究し、過去の食物や環境復元を進めた。特に貝塚研究では先駆的業績をあげ、今日の動物考古学や環境考古学の礎(いしずえ)を築いた。明石市受賞。なお直良姓は婿養子として結婚後の姓であり、旧姓は村本。 (ja)
  • 直良 信夫(なおら のぶお、1902年1月1日 - 1985年11月2日)は、日本の考古学者、、古生物学者、文学博士。 明石人、葛生人などの発見で知られる。また、従来の日本考古学では等閑に付されていた、遺跡から出土する骨や種子といった、動物植物の様々な遺骸を考古学的に研究し、過去の食物や環境復元を進めた。特に貝塚研究では先駆的業績をあげ、今日の動物考古学や環境考古学の礎(いしずえ)を築いた。明石市受賞。なお直良姓は婿養子として結婚後の姓であり、旧姓は村本。 (ja)
rdfs:label
  • 直良信夫 (ja)
  • 直良信夫 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 直良信夫 (ja)
  • 直良信夫 (ja)
is dbo:relation of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:relations of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of