『混同秘策』(こんどうひさく)、または『宇内混同秘策』(うだいこんどうひさく)は、江戸時代後期の農政学者で経世家の佐藤信淵が1823年(文政6年)に著した、日本国内の統治論および世界征服論を開陳した奇書である。混同大論、巻一、巻二、泉原法略説から成る。

Property Value
dbo:abstract
  • 『混同秘策』(こんどうひさく)、または『宇内混同秘策』(うだいこんどうひさく)は、江戸時代後期の農政学者で経世家の佐藤信淵が1823年(文政6年)に著した、日本国内の統治論および世界征服論を開陳した奇書である。混同大論、巻一、巻二、泉原法略説から成る。 (ja)
  • 『混同秘策』(こんどうひさく)、または『宇内混同秘策』(うだいこんどうひさく)は、江戸時代後期の農政学者で経世家の佐藤信淵が1823年(文政6年)に著した、日本国内の統治論および世界征服論を開陳した奇書である。混同大論、巻一、巻二、泉原法略説から成る。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1217477 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3397 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78690736 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 『混同秘策』(こんどうひさく)、または『宇内混同秘策』(うだいこんどうひさく)は、江戸時代後期の農政学者で経世家の佐藤信淵が1823年(文政6年)に著した、日本国内の統治論および世界征服論を開陳した奇書である。混同大論、巻一、巻二、泉原法略説から成る。 (ja)
  • 『混同秘策』(こんどうひさく)、または『宇内混同秘策』(うだいこんどうひさく)は、江戸時代後期の農政学者で経世家の佐藤信淵が1823年(文政6年)に著した、日本国内の統治論および世界征服論を開陳した奇書である。混同大論、巻一、巻二、泉原法略説から成る。 (ja)
rdfs:label
  • 混同秘策 (ja)
  • 混同秘策 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of