「武家の古都・鎌倉」(ぶけのこと・かまくら、英語: Kamakura, Home of the SAMURAI)とは、神奈川県鎌倉市・横浜市・逗子市に残る歴史的建造物群を対象とする世界遺産暫定リスト掲載物件である。 日本が世界遺産条約を批准した1992年(平成4年)に、暫定リストに登録された。この年に暫定リストに記載された日本の物件12件(文化遺産10件、自然遺産2件)で世界遺産リストに正式登録されていないのは、この物件のほかには「彦根城」があるだけである。 日本国政府がUNESCOの世界遺産センターに1992年に提出した時点での名称は「古都鎌倉の寺院・神社ほか」(英語: Temples, Shrines and other structures of Ancient Kamakura)だったが、推薦書案の練り直しの中で現在の名称になった。 2013年(平成25年)4月30日、世界遺産の諮問機関であるイコモスによって、世界遺産への「不登録」を勧告された。日本が単独で推薦した物件では、4段階の勧告の中で最も下の「不登録」が勧告されたのは初めてであり、この勧告を受けて日本の関係省庁連絡会議では同年6月4日付けで、世界遺産委員会への推薦取り下げを正式決定した。

Property Value
dbo:abstract
  • 「武家の古都・鎌倉」(ぶけのこと・かまくら、英語: Kamakura, Home of the SAMURAI)とは、神奈川県鎌倉市・横浜市・逗子市に残る歴史的建造物群を対象とする世界遺産暫定リスト掲載物件である。 日本が世界遺産条約を批准した1992年(平成4年)に、暫定リストに登録された。この年に暫定リストに記載された日本の物件12件(文化遺産10件、自然遺産2件)で世界遺産リストに正式登録されていないのは、この物件のほかには「彦根城」があるだけである。 日本国政府がUNESCOの世界遺産センターに1992年に提出した時点での名称は「古都鎌倉の寺院・神社ほか」(英語: Temples, Shrines and other structures of Ancient Kamakura)だったが、推薦書案の練り直しの中で現在の名称になった。 2013年(平成25年)4月30日、世界遺産の諮問機関であるイコモスによって、世界遺産への「不登録」を勧告された。日本が単独で推薦した物件では、4段階の勧告の中で最も下の「不登録」が勧告されたのは初めてであり、この勧告を受けて日本の関係省庁連絡会議では同年6月4日付けで、世界遺産委員会への推薦取り下げを正式決定した。 (ja)
  • 「武家の古都・鎌倉」(ぶけのこと・かまくら、英語: Kamakura, Home of the SAMURAI)とは、神奈川県鎌倉市・横浜市・逗子市に残る歴史的建造物群を対象とする世界遺産暫定リスト掲載物件である。 日本が世界遺産条約を批准した1992年(平成4年)に、暫定リストに登録された。この年に暫定リストに記載された日本の物件12件(文化遺産10件、自然遺産2件)で世界遺産リストに正式登録されていないのは、この物件のほかには「彦根城」があるだけである。 日本国政府がUNESCOの世界遺産センターに1992年に提出した時点での名称は「古都鎌倉の寺院・神社ほか」(英語: Temples, Shrines and other structures of Ancient Kamakura)だったが、推薦書案の練り直しの中で現在の名称になった。 2013年(平成25年)4月30日、世界遺産の諮問機関であるイコモスによって、世界遺産への「不登録」を勧告された。日本が単独で推薦した物件では、4段階の勧告の中で最も下の「不登録」が勧告されたのは初めてであり、この勧告を受けて日本の関係省庁連絡会議では同年6月4日付けで、世界遺産委員会への推薦取り下げを正式決定した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2420362 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6954 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81015419 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 「武家の古都・鎌倉」(ぶけのこと・かまくら、英語: Kamakura, Home of the SAMURAI)とは、神奈川県鎌倉市・横浜市・逗子市に残る歴史的建造物群を対象とする世界遺産暫定リスト掲載物件である。 日本が世界遺産条約を批准した1992年(平成4年)に、暫定リストに登録された。この年に暫定リストに記載された日本の物件12件(文化遺産10件、自然遺産2件)で世界遺産リストに正式登録されていないのは、この物件のほかには「彦根城」があるだけである。 日本国政府がUNESCOの世界遺産センターに1992年に提出した時点での名称は「古都鎌倉の寺院・神社ほか」(英語: Temples, Shrines and other structures of Ancient Kamakura)だったが、推薦書案の練り直しの中で現在の名称になった。 2013年(平成25年)4月30日、世界遺産の諮問機関であるイコモスによって、世界遺産への「不登録」を勧告された。日本が単独で推薦した物件では、4段階の勧告の中で最も下の「不登録」が勧告されたのは初めてであり、この勧告を受けて日本の関係省庁連絡会議では同年6月4日付けで、世界遺産委員会への推薦取り下げを正式決定した。 (ja)
  • 「武家の古都・鎌倉」(ぶけのこと・かまくら、英語: Kamakura, Home of the SAMURAI)とは、神奈川県鎌倉市・横浜市・逗子市に残る歴史的建造物群を対象とする世界遺産暫定リスト掲載物件である。 日本が世界遺産条約を批准した1992年(平成4年)に、暫定リストに登録された。この年に暫定リストに記載された日本の物件12件(文化遺産10件、自然遺産2件)で世界遺産リストに正式登録されていないのは、この物件のほかには「彦根城」があるだけである。 日本国政府がUNESCOの世界遺産センターに1992年に提出した時点での名称は「古都鎌倉の寺院・神社ほか」(英語: Temples, Shrines and other structures of Ancient Kamakura)だったが、推薦書案の練り直しの中で現在の名称になった。 2013年(平成25年)4月30日、世界遺産の諮問機関であるイコモスによって、世界遺産への「不登録」を勧告された。日本が単独で推薦した物件では、4段階の勧告の中で最も下の「不登録」が勧告されたのは初めてであり、この勧告を受けて日本の関係省庁連絡会議では同年6月4日付けで、世界遺産委員会への推薦取り下げを正式決定した。 (ja)
rdfs:label
  • 武家の古都・鎌倉 (ja)
  • 武家の古都・鎌倉 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of