岡崎 義実(おかざき よしざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。三浦氏の庶家・岡崎氏の祖。三浦義明の弟。の末子で三浦悪四郎と呼ばれた。相模国大住郡岡崎(神奈川県平塚市岡崎・伊勢原市岡崎)を領し、岡崎氏を称した。 三浦氏は古くからの源氏の家人で、義実は忠義心厚く平治の乱で源義朝が敗死した後に鎌倉の義朝の館跡の亀谷の地に菩提を弔う祠を建立している。義朝の遺児源頼朝の挙兵に参じ石橋山の戦いで嫡男の義忠を失ったが、挙兵直後の頼朝をよく助け御家人に列した。晩年は窮迫したが89歳の長寿を全うした。 土肥実平の姉妹を妻にしており、本家の三浦氏とともに土肥氏とも関係が深い。

Property Value
dbo:abstract
  • 岡崎 義実(おかざき よしざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。三浦氏の庶家・岡崎氏の祖。三浦義明の弟。の末子で三浦悪四郎と呼ばれた。相模国大住郡岡崎(神奈川県平塚市岡崎・伊勢原市岡崎)を領し、岡崎氏を称した。 三浦氏は古くからの源氏の家人で、義実は忠義心厚く平治の乱で源義朝が敗死した後に鎌倉の義朝の館跡の亀谷の地に菩提を弔う祠を建立している。義朝の遺児源頼朝の挙兵に参じ石橋山の戦いで嫡男の義忠を失ったが、挙兵直後の頼朝をよく助け御家人に列した。晩年は窮迫したが89歳の長寿を全うした。 土肥実平の姉妹を妻にしており、本家の三浦氏とともに土肥氏とも関係が深い。 (ja)
  • 岡崎 義実(おかざき よしざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。三浦氏の庶家・岡崎氏の祖。三浦義明の弟。の末子で三浦悪四郎と呼ばれた。相模国大住郡岡崎(神奈川県平塚市岡崎・伊勢原市岡崎)を領し、岡崎氏を称した。 三浦氏は古くからの源氏の家人で、義実は忠義心厚く平治の乱で源義朝が敗死した後に鎌倉の義朝の館跡の亀谷の地に菩提を弔う祠を建立している。義朝の遺児源頼朝の挙兵に参じ石橋山の戦いで嫡男の義忠を失ったが、挙兵直後の頼朝をよく助け御家人に列した。晩年は窮迫したが89歳の長寿を全うした。 土肥実平の姉妹を妻にしており、本家の三浦氏とともに土肥氏とも関係が深い。 (ja)
dbo:alias
  • 四郎、平四郎、三浦悪四郎 (ja)
  • 四郎、平四郎、三浦悪四郎 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageID
  • 1005936 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3855 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80783937 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 四郎、平四郎、三浦悪四郎 (ja)
  • 四郎、平四郎、三浦悪四郎 (ja)
prop-ja:墓所
  • 神奈川県平塚市岡崎5736番地・相模岡崎城址付近 (ja)
  • 神奈川県平塚市岡崎5736番地・相模岡崎城址付近 (ja)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:幕府
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --06-21
prop-ja:氏名
  • 岡崎義実 (ja)
  • 岡崎義実 (ja)
prop-ja:氏族
  • 桓武平氏良文流、三浦氏、岡崎氏 (ja)
  • 桓武平氏良文流、三浦氏、岡崎氏 (ja)
prop-ja:父母
  • 父:三浦義継 (ja)
  • 父:三浦義継 (ja)
prop-ja:生誕
  • 天永3年(1112年) (ja)
  • 天永3年(1112年) (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 岡崎 義実(おかざき よしざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。三浦氏の庶家・岡崎氏の祖。三浦義明の弟。の末子で三浦悪四郎と呼ばれた。相模国大住郡岡崎(神奈川県平塚市岡崎・伊勢原市岡崎)を領し、岡崎氏を称した。 三浦氏は古くからの源氏の家人で、義実は忠義心厚く平治の乱で源義朝が敗死した後に鎌倉の義朝の館跡の亀谷の地に菩提を弔う祠を建立している。義朝の遺児源頼朝の挙兵に参じ石橋山の戦いで嫡男の義忠を失ったが、挙兵直後の頼朝をよく助け御家人に列した。晩年は窮迫したが89歳の長寿を全うした。 土肥実平の姉妹を妻にしており、本家の三浦氏とともに土肥氏とも関係が深い。 (ja)
  • 岡崎 義実(おかざき よしざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。三浦氏の庶家・岡崎氏の祖。三浦義明の弟。の末子で三浦悪四郎と呼ばれた。相模国大住郡岡崎(神奈川県平塚市岡崎・伊勢原市岡崎)を領し、岡崎氏を称した。 三浦氏は古くからの源氏の家人で、義実は忠義心厚く平治の乱で源義朝が敗死した後に鎌倉の義朝の館跡の亀谷の地に菩提を弔う祠を建立している。義朝の遺児源頼朝の挙兵に参じ石橋山の戦いで嫡男の義忠を失ったが、挙兵直後の頼朝をよく助け御家人に列した。晩年は窮迫したが89歳の長寿を全うした。 土肥実平の姉妹を妻にしており、本家の三浦氏とともに土肥氏とも関係が深い。 (ja)
rdfs:label
  • 岡崎義実 (ja)
  • 岡崎義実 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 岡崎義実 (ja)
  • 岡崎義実 (ja)
is dbo:parent of
is dbo:sibling of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja:家祖 of
is foaf:primaryTopic of