大和大路通(やまとおおじどおり)は、京都市の南北の通りの一つ。北は三条からだが、三条通との間に京阪電鉄三条駅と地下鉄三条京阪駅に付設されたバスターミナルがあり、との交点から南に伸びている。南端は泉涌寺道(東山泉小中学校西学舎の南側の道)まで。かつての大和街道の一部にあたる。 四条以北は縄手通(縄手=鴨川の土手)と呼ばれる。 大半は全幅が1ないし2車線相当の生活道路で、車両一方通行規制が敷かれる区間も多い。しかし豊国神社と方広寺に面する一角では、豊国神社鳥居前の道幅約20メートルをピークとする道幅の膨らみがある。 東海道本線(琵琶湖線)との交差部は歩行者専用の階段つき跨線橋となっている。

Property Value
dbo:abstract
  • 大和大路通(やまとおおじどおり)は、京都市の南北の通りの一つ。北は三条からだが、三条通との間に京阪電鉄三条駅と地下鉄三条京阪駅に付設されたバスターミナルがあり、との交点から南に伸びている。南端は泉涌寺道(東山泉小中学校西学舎の南側の道)まで。かつての大和街道の一部にあたる。 四条以北は縄手通(縄手=鴨川の土手)と呼ばれる。 大半は全幅が1ないし2車線相当の生活道路で、車両一方通行規制が敷かれる区間も多い。しかし豊国神社と方広寺に面する一角では、豊国神社鳥居前の道幅約20メートルをピークとする道幅の膨らみがある。 東海道本線(琵琶湖線)との交差部は歩行者専用の階段つき跨線橋となっている。 (ja)
  • 大和大路通(やまとおおじどおり)は、京都市の南北の通りの一つ。北は三条からだが、三条通との間に京阪電鉄三条駅と地下鉄三条京阪駅に付設されたバスターミナルがあり、との交点から南に伸びている。南端は泉涌寺道(東山泉小中学校西学舎の南側の道)まで。かつての大和街道の一部にあたる。 四条以北は縄手通(縄手=鴨川の土手)と呼ばれる。 大半は全幅が1ないし2車線相当の生活道路で、車両一方通行規制が敷かれる区間も多い。しかし豊国神社と方広寺に面する一角では、豊国神社鳥居前の道幅約20メートルをピークとする道幅の膨らみがある。 東海道本線(琵琶湖線)との交差部は歩行者専用の階段つき跨線橋となっている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 534802 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 911 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77472498 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 大和大路通(やまとおおじどおり)は、京都市の南北の通りの一つ。北は三条からだが、三条通との間に京阪電鉄三条駅と地下鉄三条京阪駅に付設されたバスターミナルがあり、との交点から南に伸びている。南端は泉涌寺道(東山泉小中学校西学舎の南側の道)まで。かつての大和街道の一部にあたる。 四条以北は縄手通(縄手=鴨川の土手)と呼ばれる。 大半は全幅が1ないし2車線相当の生活道路で、車両一方通行規制が敷かれる区間も多い。しかし豊国神社と方広寺に面する一角では、豊国神社鳥居前の道幅約20メートルをピークとする道幅の膨らみがある。 東海道本線(琵琶湖線)との交差部は歩行者専用の階段つき跨線橋となっている。 (ja)
  • 大和大路通(やまとおおじどおり)は、京都市の南北の通りの一つ。北は三条からだが、三条通との間に京阪電鉄三条駅と地下鉄三条京阪駅に付設されたバスターミナルがあり、との交点から南に伸びている。南端は泉涌寺道(東山泉小中学校西学舎の南側の道)まで。かつての大和街道の一部にあたる。 四条以北は縄手通(縄手=鴨川の土手)と呼ばれる。 大半は全幅が1ないし2車線相当の生活道路で、車両一方通行規制が敷かれる区間も多い。しかし豊国神社と方広寺に面する一角では、豊国神社鳥居前の道幅約20メートルをピークとする道幅の膨らみがある。 東海道本線(琵琶湖線)との交差部は歩行者専用の階段つき跨線橋となっている。 (ja)
rdfs:label
  • 大和大路通 (ja)
  • 大和大路通 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is prop-ja:西 of
is foaf:primaryTopic of