『大仏殿万代石楚』(だいぶつでんばんだいのいしずえ)とは、人形浄瑠璃の作品のひとつ。五段続、享保10年(1725年)10月に大坂豊竹座にて初演。西沢一風、田中千柳の合作。後にその三段目が『嬢景清八嶋日記』(むすめかげきよやしまにっき)の一部として、文楽と歌舞伎に伝わり上演されている。通称『日向島』(ひゅうがじま)。

Property Value
dbo:abstract
  • 『大仏殿万代石楚』(だいぶつでんばんだいのいしずえ)とは、人形浄瑠璃の作品のひとつ。五段続、享保10年(1725年)10月に大坂豊竹座にて初演。西沢一風、田中千柳の合作。後にその三段目が『嬢景清八嶋日記』(むすめかげきよやしまにっき)の一部として、文楽と歌舞伎に伝わり上演されている。通称『日向島』(ひゅうがじま)。 (ja)
  • 『大仏殿万代石楚』(だいぶつでんばんだいのいしずえ)とは、人形浄瑠璃の作品のひとつ。五段続、享保10年(1725年)10月に大坂豊竹座にて初演。西沢一風、田中千柳の合作。後にその三段目が『嬢景清八嶋日記』(むすめかげきよやしまにっき)の一部として、文楽と歌舞伎に伝わり上演されている。通称『日向島』(ひゅうがじま)。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 4027527 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8157 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80296813 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 『大仏殿万代石楚』(だいぶつでんばんだいのいしずえ)とは、人形浄瑠璃の作品のひとつ。五段続、享保10年(1725年)10月に大坂豊竹座にて初演。西沢一風、田中千柳の合作。後にその三段目が『嬢景清八嶋日記』(むすめかげきよやしまにっき)の一部として、文楽と歌舞伎に伝わり上演されている。通称『日向島』(ひゅうがじま)。 (ja)
  • 『大仏殿万代石楚』(だいぶつでんばんだいのいしずえ)とは、人形浄瑠璃の作品のひとつ。五段続、享保10年(1725年)10月に大坂豊竹座にて初演。西沢一風、田中千柳の合作。後にその三段目が『嬢景清八嶋日記』(むすめかげきよやしまにっき)の一部として、文楽と歌舞伎に伝わり上演されている。通称『日向島』(ひゅうがじま)。 (ja)
rdfs:label
  • 大仏殿万代石楚 (ja)
  • 大仏殿万代石楚 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of