千田 貞敏(せんだ さだとし、1890年7月22日 - 1944年12月25日戦死認定)は、日本海軍の軍人。ビアク島の戦いにて戦死。戦死後、一階級進級し海軍中将。正四位勲二等旭日重光章。 第一・第二連合航空隊司令官の桑原虎雄の下、第十三航空隊司令時には、同時期に第十二航空隊司令に三木森彦がいるなど、海軍航空隊黎明を支えた人物の中心。

Property Value
dbo:abstract
  • 千田 貞敏(せんだ さだとし、1890年7月22日 - 1944年12月25日戦死認定)は、日本海軍の軍人。ビアク島の戦いにて戦死。戦死後、一階級進級し海軍中将。正四位勲二等旭日重光章。 第一・第二連合航空隊司令官の桑原虎雄の下、第十三航空隊司令時には、同時期に第十二航空隊司令に三木森彦がいるなど、海軍航空隊黎明を支えた人物の中心。 (ja)
  • 千田 貞敏(せんだ さだとし、1890年7月22日 - 1944年12月25日戦死認定)は、日本海軍の軍人。ビアク島の戦いにて戦死。戦死後、一階級進級し海軍中将。正四位勲二等旭日重光章。 第一・第二連合航空隊司令官の桑原虎雄の下、第十三航空隊司令時には、同時期に第十二航空隊司令に三木森彦がいるなど、海軍航空隊黎明を支えた人物の中心。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 880854 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1804 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 74435158 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 千田 貞敏(せんだ さだとし、1890年7月22日 - 1944年12月25日戦死認定)は、日本海軍の軍人。ビアク島の戦いにて戦死。戦死後、一階級進級し海軍中将。正四位勲二等旭日重光章。 第一・第二連合航空隊司令官の桑原虎雄の下、第十三航空隊司令時には、同時期に第十二航空隊司令に三木森彦がいるなど、海軍航空隊黎明を支えた人物の中心。 (ja)
  • 千田 貞敏(せんだ さだとし、1890年7月22日 - 1944年12月25日戦死認定)は、日本海軍の軍人。ビアク島の戦いにて戦死。戦死後、一階級進級し海軍中将。正四位勲二等旭日重光章。 第一・第二連合航空隊司令官の桑原虎雄の下、第十三航空隊司令時には、同時期に第十二航空隊司令に三木森彦がいるなど、海軍航空隊黎明を支えた人物の中心。 (ja)
rdfs:label
  • 千田貞敏 (ja)
  • 千田貞敏 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:opponents of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is foaf:primaryTopic of