北勢バイパス(ほくせいバイパス)は、三重県川越町南福崎から四日市市采女を結ぶ延長21.0 kmの国道1号バイパスである。四日市市内に集中する国道1号、国道23号(名四国道)の渋滞を緩和させるためのバイパスである。 全区間事業化されており、現在は川越町南福崎から四日市市山之一色町(市道日永八郷線)までの8.5 kmが開通している。起点の南福崎交差点(国道23号(名四国道)交点)からみえ朝日IC付近の約3.5 kmは伊勢湾岸自動車道に並行し、朝日町役場口交差点(国道1号交点)までの1.2 kmは完成4車線である。 それ以外の区間は市道日永八郷線から国道477号バイパスまでの4.1 kmは事業推進区間で、国道477号バイパスから終点までの8.4 kmは調査設計区間となっている。 当初北勢バイパスの一部とされていて、事業化されていなかった四日市市釆女町から鈴鹿市稲生町までの7.5 kmについては、国土交通省は、北勢バイパスと中勢バイパスを接続する(一般国道23号)鈴鹿四日市道路として2020年度に事業化された。

Property Value
dbo:abstract
  • 北勢バイパス(ほくせいバイパス)は、三重県川越町南福崎から四日市市采女を結ぶ延長21.0 kmの国道1号バイパスである。四日市市内に集中する国道1号、国道23号(名四国道)の渋滞を緩和させるためのバイパスである。 全区間事業化されており、現在は川越町南福崎から四日市市山之一色町(市道日永八郷線)までの8.5 kmが開通している。起点の南福崎交差点(国道23号(名四国道)交点)からみえ朝日IC付近の約3.5 kmは伊勢湾岸自動車道に並行し、朝日町役場口交差点(国道1号交点)までの1.2 kmは完成4車線である。 それ以外の区間は市道日永八郷線から国道477号バイパスまでの4.1 kmは事業推進区間で、国道477号バイパスから終点までの8.4 kmは調査設計区間となっている。 当初北勢バイパスの一部とされていて、事業化されていなかった四日市市釆女町から鈴鹿市稲生町までの7.5 kmについては、国土交通省は、北勢バイパスと中勢バイパスを接続する(一般国道23号)鈴鹿四日市道路として2020年度に事業化された。 (ja)
  • 北勢バイパス(ほくせいバイパス)は、三重県川越町南福崎から四日市市采女を結ぶ延長21.0 kmの国道1号バイパスである。四日市市内に集中する国道1号、国道23号(名四国道)の渋滞を緩和させるためのバイパスである。 全区間事業化されており、現在は川越町南福崎から四日市市山之一色町(市道日永八郷線)までの8.5 kmが開通している。起点の南福崎交差点(国道23号(名四国道)交点)からみえ朝日IC付近の約3.5 kmは伊勢湾岸自動車道に並行し、朝日町役場口交差点(国道1号交点)までの1.2 kmは完成4車線である。 それ以外の区間は市道日永八郷線から国道477号バイパスまでの4.1 kmは事業推進区間で、国道477号バイパスから終点までの8.4 kmは調査設計区間となっている。 当初北勢バイパスの一部とされていて、事業化されていなかった四日市市釆女町から鈴鹿市稲生町までの7.5 kmについては、国土交通省は、北勢バイパスと中勢バイパスを接続する(一般国道23号)鈴鹿四日市道路として2020年度に事業化された。 (ja)
dbo:routeEnd
dbo:routeStart
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 200555 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2741 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 3116 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78905025 (xsd:integer)
  • 83200167 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:endingTerminus
  • 三重県四日市市采女 (ja)
  • 三重県四日市市采女 (ja)
prop-ja:highwayName
  • 北勢バイパス (ja)
  • 北勢バイパス (ja)
prop-ja:length
  • 21.0
prop-ja:nameNotes
  • 一般国道1号バイパス (ja)
  • 一般国道1号バイパス (ja)
prop-ja:startingTerminus
  • 三重県三重郡川越町南福崎 (ja)
  • 三重県三重郡川越町南福崎 (ja)
prop-ja:system
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 北勢バイパス(ほくせいバイパス)は、三重県川越町南福崎から四日市市采女を結ぶ延長21.0 kmの国道1号バイパスである。四日市市内に集中する国道1号、国道23号(名四国道)の渋滞を緩和させるためのバイパスである。 全区間事業化されており、現在は川越町南福崎から四日市市山之一色町(市道日永八郷線)までの8.5 kmが開通している。起点の南福崎交差点(国道23号(名四国道)交点)からみえ朝日IC付近の約3.5 kmは伊勢湾岸自動車道に並行し、朝日町役場口交差点(国道1号交点)までの1.2 kmは完成4車線である。 それ以外の区間は市道日永八郷線から国道477号バイパスまでの4.1 kmは事業推進区間で、国道477号バイパスから終点までの8.4 kmは調査設計区間となっている。 当初北勢バイパスの一部とされていて、事業化されていなかった四日市市釆女町から鈴鹿市稲生町までの7.5 kmについては、国土交通省は、北勢バイパスと中勢バイパスを接続する(一般国道23号)鈴鹿四日市道路として2020年度に事業化された。 (ja)
  • 北勢バイパス(ほくせいバイパス)は、三重県川越町南福崎から四日市市采女を結ぶ延長21.0 kmの国道1号バイパスである。四日市市内に集中する国道1号、国道23号(名四国道)の渋滞を緩和させるためのバイパスである。 全区間事業化されており、現在は川越町南福崎から四日市市山之一色町(市道日永八郷線)までの8.5 kmが開通している。起点の南福崎交差点(国道23号(名四国道)交点)からみえ朝日IC付近の約3.5 kmは伊勢湾岸自動車道に並行し、朝日町役場口交差点(国道1号交点)までの1.2 kmは完成4車線である。 それ以外の区間は市道日永八郷線から国道477号バイパスまでの4.1 kmは事業推進区間で、国道477号バイパスから終点までの8.4 kmは調査設計区間となっている。 当初北勢バイパスの一部とされていて、事業化されていなかった四日市市釆女町から鈴鹿市稲生町までの7.5 kmについては、国土交通省は、北勢バイパスと中勢バイパスを接続する(一般国道23号)鈴鹿四日市道路として2020年度に事業化された。 (ja)
rdfs:label
  • 北勢バイパス (ja)
  • 北勢バイパス (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 北勢バイパス (ja)
  • 北勢バイパス (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of