加藤 咄堂(かとう とつどう、1870年12月13日(明治3年11月2日)- 1949年(昭和24年)4月2日)は、日本の仏教学者、作家、教化運動家。第一次弁論ブームの終焉期から第二次世界大戦中にかけて(弁論)に関する著作を多く残した。本名は加藤熊一郎。僧籍は持たなかった。主著に『』がある。

Property Value
dbo:abstract
  • 加藤 咄堂(かとう とつどう、1870年12月13日(明治3年11月2日)- 1949年(昭和24年)4月2日)は、日本の仏教学者、作家、教化運動家。第一次弁論ブームの終焉期から第二次世界大戦中にかけて(弁論)に関する著作を多く残した。本名は加藤熊一郎。僧籍は持たなかった。主著に『』がある。 (ja)
  • 加藤 咄堂(かとう とつどう、1870年12月13日(明治3年11月2日)- 1949年(昭和24年)4月2日)は、日本の仏教学者、作家、教化運動家。第一次弁論ブームの終焉期から第二次世界大戦中にかけて(弁論)に関する著作を多く残した。本名は加藤熊一郎。僧籍は持たなかった。主著に『』がある。 (ja)
dbo:alias
  • かとう とつどう (ja)
  • かとう とつどう (ja)
dbo:birthDate
  • 2013-02-01 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1949-04-02 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:occupation
dbo:religion
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3331563 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3729 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79365805 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ふりがな
  • かとう とつどう (ja)
  • かとう とつどう (ja)
prop-ja:出生名
  • 加藤 熊一郎 (ja)
  • 加藤 熊一郎 (ja)
prop-ja:出身校
prop-ja:墓地
prop-ja:宗教
prop-ja:死因
  • 老衰 (ja)
  • 老衰 (ja)
prop-ja:死没地
  • 東京都渋谷区代々木山谷 (ja)
  • 東京都渋谷区代々木山谷 (ja)
prop-ja:氏名
  • 加藤 咄堂 (ja)
  • 加藤 咄堂 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1949-04-02 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --12-13
prop-ja:生誕地
  • 山城国京都 (ja)
  • 山城国京都 (ja)
prop-ja:画像
  • File:Kato_Totsudo_03.png (ja)
  • File:Kato_Totsudo_03.png (ja)
prop-ja:署名
  • File:Kato_Totsudo_04.png (ja)
  • File:Kato_Totsudo_04.png (ja)
prop-ja:署名サイズ
  • 50 (xsd:integer)
prop-ja:職業
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 加藤 咄堂(かとう とつどう、1870年12月13日(明治3年11月2日)- 1949年(昭和24年)4月2日)は、日本の仏教学者、作家、教化運動家。第一次弁論ブームの終焉期から第二次世界大戦中にかけて(弁論)に関する著作を多く残した。本名は加藤熊一郎。僧籍は持たなかった。主著に『』がある。 (ja)
  • 加藤 咄堂(かとう とつどう、1870年12月13日(明治3年11月2日)- 1949年(昭和24年)4月2日)は、日本の仏教学者、作家、教化運動家。第一次弁論ブームの終焉期から第二次世界大戦中にかけて(弁論)に関する著作を多く残した。本名は加藤熊一郎。僧籍は持たなかった。主著に『』がある。 (ja)
rdfs:label
  • 加藤咄堂 (ja)
  • 加藤咄堂 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 加藤 咄堂 (ja)
  • 加藤 咄堂 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of