『人生劇場』(じんせいげきじょう)は、尾崎士郎の自伝的大河小説。愛知県吉良町(現・西尾市)から上京し、早稲田大学に入学した青成瓢吉の青春とその後を描いた長編シリーズ。 1933年(昭和8年)に都新聞に「青春篇」が連載され、1959年(昭和34年)までに「愛慾篇」「残侠篇」「風雲篇」「離愁篇」「夢幻篇」「望郷篇」「蕩子篇」が発表された。1935年(昭和10年)に竹村書房から「青春篇」が刊行され、川端康成が絶賛するベストセラーとなった。1960年(昭和35年)から1962年(昭和37年)にかけて集英社で「新人生劇場 星河篇」「狂瀾編」が出版された。作品は自伝要素を混じえ創作されたが、「残侠篇」は完全な創作である。その後、尾崎の生前に「望郷篇」までが新潮文庫で全11巻で出版されていた。2008年(平成20年)に角川文庫で「青春篇」のみ、弘兼憲史のイラストによる表紙で新版が刊行。なお角川でも約半数が文庫化され、映画公開に合わせ新版を再刊していた。 この作品を手本としたものに、同じ早稲田大学の後輩である五木寛之の自伝的な大河小説『青春の門』がある。

Property Value
dbo:abstract
  • 『人生劇場』(じんせいげきじょう)は、尾崎士郎の自伝的大河小説。愛知県吉良町(現・西尾市)から上京し、早稲田大学に入学した青成瓢吉の青春とその後を描いた長編シリーズ。 1933年(昭和8年)に都新聞に「青春篇」が連載され、1959年(昭和34年)までに「愛慾篇」「残侠篇」「風雲篇」「離愁篇」「夢幻篇」「望郷篇」「蕩子篇」が発表された。1935年(昭和10年)に竹村書房から「青春篇」が刊行され、川端康成が絶賛するベストセラーとなった。1960年(昭和35年)から1962年(昭和37年)にかけて集英社で「新人生劇場 星河篇」「狂瀾編」が出版された。作品は自伝要素を混じえ創作されたが、「残侠篇」は完全な創作である。その後、尾崎の生前に「望郷篇」までが新潮文庫で全11巻で出版されていた。2008年(平成20年)に角川文庫で「青春篇」のみ、弘兼憲史のイラストによる表紙で新版が刊行。なお角川でも約半数が文庫化され、映画公開に合わせ新版を再刊していた。 この作品を手本としたものに、同じ早稲田大学の後輩である五木寛之の自伝的な大河小説『青春の門』がある。 (ja)
  • 『人生劇場』(じんせいげきじょう)は、尾崎士郎の自伝的大河小説。愛知県吉良町(現・西尾市)から上京し、早稲田大学に入学した青成瓢吉の青春とその後を描いた長編シリーズ。 1933年(昭和8年)に都新聞に「青春篇」が連載され、1959年(昭和34年)までに「愛慾篇」「残侠篇」「風雲篇」「離愁篇」「夢幻篇」「望郷篇」「蕩子篇」が発表された。1935年(昭和10年)に竹村書房から「青春篇」が刊行され、川端康成が絶賛するベストセラーとなった。1960年(昭和35年)から1962年(昭和37年)にかけて集英社で「新人生劇場 星河篇」「狂瀾編」が出版された。作品は自伝要素を混じえ創作されたが、「残侠篇」は完全な創作である。その後、尾崎の生前に「望郷篇」までが新潮文庫で全11巻で出版されていた。2008年(平成20年)に角川文庫で「青春篇」のみ、弘兼憲史のイラストによる表紙で新版が刊行。なお角川でも約半数が文庫化され、映画公開に合わせ新版を再刊していた。 この作品を手本としたものに、同じ早稲田大学の後輩である五木寛之の自伝的な大河小説『青春の門』がある。 (ja)
dbo:basedOn
dbo:cinematography
dbo:country
dbo:director
dbo:distributor
dbo:editing
dbo:musicComposer
dbo:producer
dbo:releaseDate
  • 1923-01-01 (xsd:date)
dbo:starring
dbo:wikiPageID
  • 132716 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15875 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81088231 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:artist
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:name
  • 人生劇場 (ja)
  • 人生劇場 (ja)
prop-ja:released
  • 1959 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
prop-ja:上映時間
  • 78 (xsd:integer)
  • 85 (xsd:integer)
  • 105 (xsd:integer)
  • 107 (xsd:integer)
  • 108 (xsd:integer)
  • 112 (xsd:integer)
  • 118 (xsd:integer)
  • 167 (xsd:integer)
prop-ja:主題歌
prop-ja:作品名
  • 人生劇場 (ja)
  • 人生劇場 望郷篇 三州吉良港 (ja)
  • 人生劇場 残侠篇 (ja)
  • 人生劇場 青春篇 (ja)
  • 人生劇場 青春篇 愛欲篇 残侠篇 (ja)
  • 人生劇場 第一部 青春愛欲篇 (ja)
  • 人生劇場 第二部 残侠風雲篇 (ja)
  • 新人生劇場 (ja)
  • 人生劇場 (ja)
  • 人生劇場 望郷篇 三州吉良港 (ja)
  • 人生劇場 残侠篇 (ja)
  • 人生劇場 青春篇 (ja)
  • 人生劇場 青春篇 愛欲篇 残侠篇 (ja)
  • 人生劇場 第一部 青春愛欲篇 (ja)
  • 人生劇場 第二部 残侠風雲篇 (ja)
  • 新人生劇場 (ja)
prop-ja:公開
  • --02-13
  • --02-19
  • --02-23
  • --05-31
  • --07-01
  • --07-15
  • --09-14
  • --11-06
  • --11-23
prop-ja:出演者
prop-ja:原作
prop-ja:撮影
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:製作会社
prop-ja:言語
  • 日本語 (ja)
  • 日本語 (ja)
prop-ja:配給
  • 大映 (ja)
  • 日活 (ja)
  • 東宝 (ja)
  • 東映 (ja)
  • 松竹 (ja)
  • 大映 (ja)
  • 日活 (ja)
  • 東宝 (ja)
  • 東映 (ja)
  • 松竹 (ja)
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『人生劇場』(じんせいげきじょう)は、尾崎士郎の自伝的大河小説。愛知県吉良町(現・西尾市)から上京し、早稲田大学に入学した青成瓢吉の青春とその後を描いた長編シリーズ。 1933年(昭和8年)に都新聞に「青春篇」が連載され、1959年(昭和34年)までに「愛慾篇」「残侠篇」「風雲篇」「離愁篇」「夢幻篇」「望郷篇」「蕩子篇」が発表された。1935年(昭和10年)に竹村書房から「青春篇」が刊行され、川端康成が絶賛するベストセラーとなった。1960年(昭和35年)から1962年(昭和37年)にかけて集英社で「新人生劇場 星河篇」「狂瀾編」が出版された。作品は自伝要素を混じえ創作されたが、「残侠篇」は完全な創作である。その後、尾崎の生前に「望郷篇」までが新潮文庫で全11巻で出版されていた。2008年(平成20年)に角川文庫で「青春篇」のみ、弘兼憲史のイラストによる表紙で新版が刊行。なお角川でも約半数が文庫化され、映画公開に合わせ新版を再刊していた。 この作品を手本としたものに、同じ早稲田大学の後輩である五木寛之の自伝的な大河小説『青春の門』がある。 (ja)
  • 『人生劇場』(じんせいげきじょう)は、尾崎士郎の自伝的大河小説。愛知県吉良町(現・西尾市)から上京し、早稲田大学に入学した青成瓢吉の青春とその後を描いた長編シリーズ。 1933年(昭和8年)に都新聞に「青春篇」が連載され、1959年(昭和34年)までに「愛慾篇」「残侠篇」「風雲篇」「離愁篇」「夢幻篇」「望郷篇」「蕩子篇」が発表された。1935年(昭和10年)に竹村書房から「青春篇」が刊行され、川端康成が絶賛するベストセラーとなった。1960年(昭和35年)から1962年(昭和37年)にかけて集英社で「新人生劇場 星河篇」「狂瀾編」が出版された。作品は自伝要素を混じえ創作されたが、「残侠篇」は完全な創作である。その後、尾崎の生前に「望郷篇」までが新潮文庫で全11巻で出版されていた。2008年(平成20年)に角川文庫で「青春篇」のみ、弘兼憲史のイラストによる表紙で新版が刊行。なお角川でも約半数が文庫化され、映画公開に合わせ新版を再刊していた。 この作品を手本としたものに、同じ早稲田大学の後輩である五木寛之の自伝的な大河小説『青春の門』がある。 (ja)
rdfs:label
  • 人生劇場 (ja)
  • 人生劇場 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 人生劇場 (ja)
  • 人生劇場 望郷篇 三州吉良港 (ja)
  • 人生劇場 残侠篇 (ja)
  • 人生劇場 青春篇 (ja)
  • 人生劇場 青春篇 愛欲篇 残侠篇 (ja)
  • 人生劇場 第一部 青春愛欲篇 (ja)
  • 人生劇場 第二部 残侠風雲篇 (ja)
  • 新人生劇場 (ja)
  • 人生劇場 (ja)
  • 人生劇場 望郷篇 三州吉良港 (ja)
  • 人生劇場 残侠篇 (ja)
  • 人生劇場 青春篇 (ja)
  • 人生劇場 青春篇 愛欲篇 残侠篇 (ja)
  • 人生劇場 第一部 青春愛欲篇 (ja)
  • 人生劇場 第二部 残侠風雲篇 (ja)
  • 新人生劇場 (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な作品 of
is prop-ja:主題歌 of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of