『ヴィーナスの誕生』(ヴィーナスのたんじょう、伊: La Nascita di Venere) は、ルネッサンス期のイタリアの画家サンドロ・ボッティチェッリの作品で、キャンバス地に描かれたテンペラ画である。縦172.5 cm、幅278.5cmの大作で、現在、フィレンツェのウフィッツィ美術館が所蔵し、展示している。 この絵は、ギリシア神話で語られている通り、女神ヴィーナス(アプロディーテー)が、成熟した大人の女性として、海より誕生し出現した様を描いている。 同名の絵画を描いた画家としては、他にウィリアム・アドルフ・ブグロー、アレクサンドル・カバネル、オディロン・ルドンなどがいる。

Property Value
dbo:abstract
  • 『ヴィーナスの誕生』(ヴィーナスのたんじょう、伊: La Nascita di Venere) は、ルネッサンス期のイタリアの画家サンドロ・ボッティチェッリの作品で、キャンバス地に描かれたテンペラ画である。縦172.5 cm、幅278.5cmの大作で、現在、フィレンツェのウフィッツィ美術館が所蔵し、展示している。 この絵は、ギリシア神話で語られている通り、女神ヴィーナス(アプロディーテー)が、成熟した大人の女性として、海より誕生し出現した様を描いている。 同名の絵画を描いた画家としては、他にウィリアム・アドルフ・ブグロー、アレクサンドル・カバネル、オディロン・ルドンなどがいる。 (ja)
  • 『ヴィーナスの誕生』(ヴィーナスのたんじょう、伊: La Nascita di Venere) は、ルネッサンス期のイタリアの画家サンドロ・ボッティチェッリの作品で、キャンバス地に描かれたテンペラ画である。縦172.5 cm、幅278.5cmの大作で、現在、フィレンツェのウフィッツィ美術館が所蔵し、展示している。 この絵は、ギリシア神話で語られている通り、女神ヴィーナス(アプロディーテー)が、成熟した大人の女性として、海より誕生し出現した様を描いている。 同名の絵画を描いた画家としては、他にウィリアム・アドルフ・ブグロー、アレクサンドル・カバネル、オディロン・ルドンなどがいる。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 137781 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4740 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 4781 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80271804 (xsd:integer)
  • 85097399 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:city
prop-ja:height
  • 172.500000 (xsd:double)
prop-ja:imageFile
  • Sandro Botticelli - La nascita di Venere - Google Art Project - edited.jpg (ja)
  • Sandro Botticelli - La nascita di Venere - Google Art Project - edited.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
  • イタリア語 (ja)
  • イタリア語 (ja)
prop-ja:otherTitle
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:paintingAlignment
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:title
  • ヴィーナスの誕生 (ja)
  • ヴィーナスの誕生 (ja)
prop-ja:type
  • キャンバスにテンペラ (ja)
  • キャンバスにテンペラ (ja)
prop-ja:width
  • 278.500000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1483 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ヴィーナスの誕生』(ヴィーナスのたんじょう、伊: La Nascita di Venere) は、ルネッサンス期のイタリアの画家サンドロ・ボッティチェッリの作品で、キャンバス地に描かれたテンペラ画である。縦172.5 cm、幅278.5cmの大作で、現在、フィレンツェのウフィッツィ美術館が所蔵し、展示している。 この絵は、ギリシア神話で語られている通り、女神ヴィーナス(アプロディーテー)が、成熟した大人の女性として、海より誕生し出現した様を描いている。 同名の絵画を描いた画家としては、他にウィリアム・アドルフ・ブグロー、アレクサンドル・カバネル、オディロン・ルドンなどがいる。 (ja)
  • 『ヴィーナスの誕生』(ヴィーナスのたんじょう、伊: La Nascita di Venere) は、ルネッサンス期のイタリアの画家サンドロ・ボッティチェッリの作品で、キャンバス地に描かれたテンペラ画である。縦172.5 cm、幅278.5cmの大作で、現在、フィレンツェのウフィッツィ美術館が所蔵し、展示している。 この絵は、ギリシア神話で語られている通り、女神ヴィーナス(アプロディーテー)が、成熟した大人の女性として、海より誕生し出現した様を描いている。 同名の絵画を描いた画家としては、他にウィリアム・アドルフ・ブグロー、アレクサンドル・カバネル、オディロン・ルドンなどがいる。 (ja)
rdfs:label
  • ヴィーナスの誕生 (ja)
  • ヴィーナスの誕生 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヴィーナスの誕生 (ja)
  • ヴィーナスの誕生 (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of