『カムイの剣』(カムイのけん)は、矢野徹作の冒険時代劇小説。また、それを原作として1985年に制作、公開されたアニメーション映画。同時上映は『ボビーに首ったけ』。 1970年に立風書房から単行本が刊行され、1975年に角川文庫版(角川書店刊)が全1巻で刊行された。角川文庫版はのちに上下巻に2分冊され、さらに第1巻、第2巻に改められた。映画化されたのはこの巻までのエピソードである。 角川文庫からはその後、第3巻から第5巻までが刊行されたが、これは明治維新以降の時代を舞台にした続編で、映画化記念として書かれたものの、未完に終わっている。分冊以降の角川文庫版は、映画でもキャラクターデザインを担当した村野守美がカバーイラストと挿絵を手掛けている。 後にハルキ文庫(角川春樹事務所刊)から全1巻で再刊されたが、これは角川文庫版の第2巻までに当たり(当初の1巻本と同じ)、加筆・訂正を加え完全版としたもの。

Property Value
dbo:abstract
  • 『カムイの剣』(カムイのけん)は、矢野徹作の冒険時代劇小説。また、それを原作として1985年に制作、公開されたアニメーション映画。同時上映は『ボビーに首ったけ』。 1970年に立風書房から単行本が刊行され、1975年に角川文庫版(角川書店刊)が全1巻で刊行された。角川文庫版はのちに上下巻に2分冊され、さらに第1巻、第2巻に改められた。映画化されたのはこの巻までのエピソードである。 角川文庫からはその後、第3巻から第5巻までが刊行されたが、これは明治維新以降の時代を舞台にした続編で、映画化記念として書かれたものの、未完に終わっている。分冊以降の角川文庫版は、映画でもキャラクターデザインを担当した村野守美がカバーイラストと挿絵を手掛けている。 後にハルキ文庫(角川春樹事務所刊)から全1巻で再刊されたが、これは角川文庫版の第2巻までに当たり(当初の1巻本と同じ)、加筆・訂正を加え完全版としたもの。 (ja)
  • 『カムイの剣』(カムイのけん)は、矢野徹作の冒険時代劇小説。また、それを原作として1985年に制作、公開されたアニメーション映画。同時上映は『ボビーに首ったけ』。 1970年に立風書房から単行本が刊行され、1975年に角川文庫版(角川書店刊)が全1巻で刊行された。角川文庫版はのちに上下巻に2分冊され、さらに第1巻、第2巻に改められた。映画化されたのはこの巻までのエピソードである。 角川文庫からはその後、第3巻から第5巻までが刊行されたが、これは明治維新以降の時代を舞台にした続編で、映画化記念として書かれたものの、未完に終わっている。分冊以降の角川文庫版は、映画でもキャラクターデザインを担当した村野守美がカバーイラストと挿絵を手掛けている。 後にハルキ文庫(角川春樹事務所刊)から全1巻で再刊されたが、これは角川文庫版の第2巻までに当たり(当初の1巻本と同じ)、加筆・訂正を加え完全版としたもの。 (ja)
dbo:basedOn
dbo:cinematography
dbo:country
dbo:director
dbo:editing
dbo:language
dbo:musicComposer
dbo:producer
dbo:starring
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1435023 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7612 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80684624 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 132 (xsd:integer)
prop-ja:主題歌
prop-ja:作品名
  • カムイの剣 (ja)
  • カムイの剣 (ja)
prop-ja:公開
  • --03-09
prop-ja:出演者
prop-ja:原作
prop-ja:撮影
  • 八巻磐 (ja)
  • 八巻磐 (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • スタンダード (ja)
  • スタンダード (ja)
prop-ja:監督
prop-ja:編集
  • 田中修 (ja)
  • 田中修 (ja)
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:製作会社
prop-ja:言語
prop-ja:配給
  • 東映 (ja)
  • 東映 (ja)
prop-ja:配給収入
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『カムイの剣』(カムイのけん)は、矢野徹作の冒険時代劇小説。また、それを原作として1985年に制作、公開されたアニメーション映画。同時上映は『ボビーに首ったけ』。 1970年に立風書房から単行本が刊行され、1975年に角川文庫版(角川書店刊)が全1巻で刊行された。角川文庫版はのちに上下巻に2分冊され、さらに第1巻、第2巻に改められた。映画化されたのはこの巻までのエピソードである。 角川文庫からはその後、第3巻から第5巻までが刊行されたが、これは明治維新以降の時代を舞台にした続編で、映画化記念として書かれたものの、未完に終わっている。分冊以降の角川文庫版は、映画でもキャラクターデザインを担当した村野守美がカバーイラストと挿絵を手掛けている。 後にハルキ文庫(角川春樹事務所刊)から全1巻で再刊されたが、これは角川文庫版の第2巻までに当たり(当初の1巻本と同じ)、加筆・訂正を加え完全版としたもの。 (ja)
  • 『カムイの剣』(カムイのけん)は、矢野徹作の冒険時代劇小説。また、それを原作として1985年に制作、公開されたアニメーション映画。同時上映は『ボビーに首ったけ』。 1970年に立風書房から単行本が刊行され、1975年に角川文庫版(角川書店刊)が全1巻で刊行された。角川文庫版はのちに上下巻に2分冊され、さらに第1巻、第2巻に改められた。映画化されたのはこの巻までのエピソードである。 角川文庫からはその後、第3巻から第5巻までが刊行されたが、これは明治維新以降の時代を舞台にした続編で、映画化記念として書かれたものの、未完に終わっている。分冊以降の角川文庫版は、映画でもキャラクターデザインを担当した村野守美がカバーイラストと挿絵を手掛けている。 後にハルキ文庫(角川春樹事務所刊)から全1巻で再刊されたが、これは角川文庫版の第2巻までに当たり(当初の1巻本と同じ)、加筆・訂正を加え完全版としたもの。 (ja)
rdfs:label
  • カムイの剣 (ja)
  • カムイの剣 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カムイの剣 (ja)
  • カムイの剣 (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of