たたみいわし(畳鰯)は、カタクチイワシの稚魚(シラス)を洗い、生のままあるいは一度ゆでてから、葭簀(よしず)や木枠に貼った目の細かい網で漉いて天日干しし、薄い板状(網状)に加工した食品。神奈川県・静岡県の沿岸部で作られるものが有名で、特に相模湾沿いの神奈川県鎌倉市材木座海岸~藤沢市片瀬漁港にかけては特産品として知られ、古くから鶴岡八幡宮への神饌として奉納されている。 軽くあぶり、そのまままたは醤油をつけて食べる。パリパリした食感が特徴で、酒の肴として珍重される。マヨネーズと七味(もしくは一味)で食べても美味。

Property Value
dbo:abstract
  • たたみいわし(畳鰯)は、カタクチイワシの稚魚(シラス)を洗い、生のままあるいは一度ゆでてから、葭簀(よしず)や木枠に貼った目の細かい網で漉いて天日干しし、薄い板状(網状)に加工した食品。神奈川県・静岡県の沿岸部で作られるものが有名で、特に相模湾沿いの神奈川県鎌倉市材木座海岸~藤沢市片瀬漁港にかけては特産品として知られ、古くから鶴岡八幡宮への神饌として奉納されている。 軽くあぶり、そのまままたは醤油をつけて食べる。パリパリした食感が特徴で、酒の肴として珍重される。マヨネーズと七味(もしくは一味)で食べても美味。 (ja)
  • たたみいわし(畳鰯)は、カタクチイワシの稚魚(シラス)を洗い、生のままあるいは一度ゆでてから、葭簀(よしず)や木枠に貼った目の細かい網で漉いて天日干しし、薄い板状(網状)に加工した食品。神奈川県・静岡県の沿岸部で作られるものが有名で、特に相模湾沿いの神奈川県鎌倉市材木座海岸~藤沢市片瀬漁港にかけては特産品として知られ、古くから鶴岡八幡宮への神饌として奉納されている。 軽くあぶり、そのまままたは醤油をつけて食べる。パリパリした食感が特徴で、酒の肴として珍重される。マヨネーズと七味(もしくは一味)で食べても美味。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 113898 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 828 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78778024 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • たたみいわし(畳鰯)は、カタクチイワシの稚魚(シラス)を洗い、生のままあるいは一度ゆでてから、葭簀(よしず)や木枠に貼った目の細かい網で漉いて天日干しし、薄い板状(網状)に加工した食品。神奈川県・静岡県の沿岸部で作られるものが有名で、特に相模湾沿いの神奈川県鎌倉市材木座海岸~藤沢市片瀬漁港にかけては特産品として知られ、古くから鶴岡八幡宮への神饌として奉納されている。 軽くあぶり、そのまままたは醤油をつけて食べる。パリパリした食感が特徴で、酒の肴として珍重される。マヨネーズと七味(もしくは一味)で食べても美味。 (ja)
  • たたみいわし(畳鰯)は、カタクチイワシの稚魚(シラス)を洗い、生のままあるいは一度ゆでてから、葭簀(よしず)や木枠に貼った目の細かい網で漉いて天日干しし、薄い板状(網状)に加工した食品。神奈川県・静岡県の沿岸部で作られるものが有名で、特に相模湾沿いの神奈川県鎌倉市材木座海岸~藤沢市片瀬漁港にかけては特産品として知られ、古くから鶴岡八幡宮への神饌として奉納されている。 軽くあぶり、そのまままたは醤油をつけて食べる。パリパリした食感が特徴で、酒の肴として珍重される。マヨネーズと七味(もしくは一味)で食べても美味。 (ja)
rdfs:label
  • たたみいわし (ja)
  • たたみいわし (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of