『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌』(おれといちののゲームどうこうかいかつどうにっし)は、葉村哲による日本のライトノベルである。イラストはほんたにかなえが担当。2010年7月にMF文庫J(メディアファクトリー)より発売された。 登場するキャラクターは異能を持っているという設定であるが、その異能の使用目的は明らかにされておらず、日常ものの作品に分類される。大きな特徴として大半のページは明るいラブコメテイストで占められているが、各巻の終盤には異能絡みのシリアスがある巻が多い。セリフのある人物は同好会メンバーと宗司の両親だけであり、クラスメイトや街の住人などモブにあたる存在はいる描写はあるが会話やセリフは一切ない。 第6巻の発売日である2011年10月25日にはドラマCD化およびコミカライズが発表された。漫画版は『月刊コミックアライブ』(メディアファクトリー)2012年1月号から2013年2月号まで掲載された。作画は森みさきが担当。ドラマCDの第1巻は2012年5月に発売された。

Property Value
dbo:abstract
  • 『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌』(おれといちののゲームどうこうかいかつどうにっし)は、葉村哲による日本のライトノベルである。イラストはほんたにかなえが担当。2010年7月にMF文庫J(メディアファクトリー)より発売された。 登場するキャラクターは異能を持っているという設定であるが、その異能の使用目的は明らかにされておらず、日常ものの作品に分類される。大きな特徴として大半のページは明るいラブコメテイストで占められているが、各巻の終盤には異能絡みのシリアスがある巻が多い。セリフのある人物は同好会メンバーと宗司の両親だけであり、クラスメイトや街の住人などモブにあたる存在はいる描写はあるが会話やセリフは一切ない。 第6巻の発売日である2011年10月25日にはドラマCD化およびコミカライズが発表された。漫画版は『月刊コミックアライブ』(メディアファクトリー)2012年1月号から2013年2月号まで掲載された。作画は森みさきが担当。ドラマCDの第1巻は2012年5月に発売された。 (ja)
  • 『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌』(おれといちののゲームどうこうかいかつどうにっし)は、葉村哲による日本のライトノベルである。イラストはほんたにかなえが担当。2010年7月にMF文庫J(メディアファクトリー)より発売された。 登場するキャラクターは異能を持っているという設定であるが、その異能の使用目的は明らかにされておらず、日常ものの作品に分類される。大きな特徴として大半のページは明るいラブコメテイストで占められているが、各巻の終盤には異能絡みのシリアスがある巻が多い。セリフのある人物は同好会メンバーと宗司の両親だけであり、クラスメイトや街の住人などモブにあたる存在はいる描写はあるが会話やセリフは一切ない。 第6巻の発売日である2011年10月25日にはドラマCD化およびコミカライズが発表された。漫画版は『月刊コミックアライブ』(メディアファクトリー)2012年1月号から2013年2月号まで掲載された。作画は森みさきが担当。ドラマCDの第1巻は2012年5月に発売された。 (ja)
dbo:genre
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2399192 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 12795 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77636613 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20120205041252 (xsd:decimal)
prop-ja:title
  • おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 (ja)
  • おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:イラスト
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 (ja)
  • おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 (ja)
prop-ja:メディア
  • ドラマCD (ja)
  • ドラマCD (ja)
prop-ja:レーベル
prop-ja:他出版社
  • 東立出版社 (ja)
  • D&Cメディア (ja)
  • 東立出版社 (ja)
  • D&Cメディア (ja)
prop-ja:作画
prop-ja:作者
prop-ja:冊数
  • 全11巻 (ja)
  • 全11巻 (ja)
prop-ja:出版社
prop-ja:巻数
  • 全2巻 (ja)
  • 全2巻 (ja)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:発売元
prop-ja:終了
  • 2013 (xsd:integer)
  • 2014 (xsd:integer)
  • --10-25
prop-ja:著者
prop-ja:開始
  • 2010 (xsd:integer)
  • 2012 (xsd:integer)
  • --05-25
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌』(おれといちののゲームどうこうかいかつどうにっし)は、葉村哲による日本のライトノベルである。イラストはほんたにかなえが担当。2010年7月にMF文庫J(メディアファクトリー)より発売された。 登場するキャラクターは異能を持っているという設定であるが、その異能の使用目的は明らかにされておらず、日常ものの作品に分類される。大きな特徴として大半のページは明るいラブコメテイストで占められているが、各巻の終盤には異能絡みのシリアスがある巻が多い。セリフのある人物は同好会メンバーと宗司の両親だけであり、クラスメイトや街の住人などモブにあたる存在はいる描写はあるが会話やセリフは一切ない。 第6巻の発売日である2011年10月25日にはドラマCD化およびコミカライズが発表された。漫画版は『月刊コミックアライブ』(メディアファクトリー)2012年1月号から2013年2月号まで掲載された。作画は森みさきが担当。ドラマCDの第1巻は2012年5月に発売された。 (ja)
  • 『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌』(おれといちののゲームどうこうかいかつどうにっし)は、葉村哲による日本のライトノベルである。イラストはほんたにかなえが担当。2010年7月にMF文庫J(メディアファクトリー)より発売された。 登場するキャラクターは異能を持っているという設定であるが、その異能の使用目的は明らかにされておらず、日常ものの作品に分類される。大きな特徴として大半のページは明るいラブコメテイストで占められているが、各巻の終盤には異能絡みのシリアスがある巻が多い。セリフのある人物は同好会メンバーと宗司の両親だけであり、クラスメイトや街の住人などモブにあたる存在はいる描写はあるが会話やセリフは一切ない。 第6巻の発売日である2011年10月25日にはドラマCD化およびコミカライズが発表された。漫画版は『月刊コミックアライブ』(メディアファクトリー)2012年1月号から2013年2月号まで掲載された。作画は森みさきが担当。ドラマCDの第1巻は2012年5月に発売された。 (ja)
rdfs:label
  • おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 (ja)
  • おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 (ja)
  • おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:挿絵 of
is foaf:primaryTopic of