Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Motif(モチーフ)は、X Window Systemでの操作手順、見栄え(ルック・アンド・フィール)などを統一しようというグラフィカルユーザインタフェース (GUI) 規格のひとつ。Open Software Foundation (OSF) によって定められ、正式にはOSF/Motifという。1989年に最初のバージョンがリリースされた。なお現在の管理団体はThe Open Groupである。この規格に沿ってプログラムを開発するためのウィジェット・ツールキットのことをMotifツールキットという。このツールキットのことをMotifと呼ぶ場合もある。IEEE 1295 として規格化されている。Motifを実装したウィンドウマネージャとしてMotif Window Managerがありmwmというコマンドで起動する。mwmにより各アプリケーションウィンドウの外側にMotifの規定に従った枠やボタンが付けられる。ウインドウの枠はリサイズ・ハンドルといい、それを使っての拡大、縮小などの操作ができる。左上のボタンはメニューボタン、右上にはアイコン化ボタンと最大化ボタンが並んでいる。ボタンの間を埋める部分はタイトルバーといい、文字通りタイトルの表示とウィンドウの移動機能を持つ。これらの機能や配置はMicrosoft Windows 3.xに似ており、それに立体的な表現を付加したものとなっている。ポインティングデバイスとしては3ボタンマウスが使われることが多いがこれはMotif固有ではなくX Window Systemの主なプラットフォームとして使われてきたエンジニアリングワークステーションにおいて一般的であったためである。mwmにパネルや専用のツールなどの機能を加えデスクトップ環境としたものにヒューレット・パッカードが開発した、HP-VUE (Visual User Environment) がある。さらにそれを元に複数のベンダーでの共通規格としたものをCommon Desktop Environment (CDE) という。
dbpedia-owl:latestReleaseVersion
  • 2.3.4
dbpedia-owl:license
dbpedia-owl:operatingSystem
dbpedia-owl:programmingLanguage
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 907094 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59255220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • 開発中
prop-ja:スクリーンショット
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
  • LGPL v2.1(2012年の2.3.4から。それ以前はプロプライエタリ)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • Open Motif
prop-ja:対応os
prop-ja:対応言語
prop-ja:最新版
  • 2.300000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:説明文
  • Open Motifのスクリーンショット
prop-ja:開発元
dc:description
  • Open Motifのスクリーンショット
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Motif(モチーフ)は、X Window Systemでの操作手順、見栄え(ルック・アンド・フィール)などを統一しようというグラフィカルユーザインタフェース (GUI) 規格のひとつ。Open Software Foundation (OSF) によって定められ、正式にはOSF/Motifという。1989年に最初のバージョンがリリースされた。なお現在の管理団体はThe Open Groupである。この規格に沿ってプログラムを開発するためのウィジェット・ツールキットのことをMotifツールキットという。このツールキットのことをMotifと呼ぶ場合もある。IEEE 1295 として規格化されている。Motifを実装したウィンドウマネージャとしてMotif Window Managerがありmwmというコマンドで起動する。mwmにより各アプリケーションウィンドウの外側にMotifの規定に従った枠やボタンが付けられる。ウインドウの枠はリサイズ・ハンドルといい、それを使っての拡大、縮小などの操作ができる。左上のボタンはメニューボタン、右上にはアイコン化ボタンと最大化ボタンが並んでいる。ボタンの間を埋める部分はタイトルバーといい、文字通りタイトルの表示とウィンドウの移動機能を持つ。これらの機能や配置はMicrosoft Windows 3.xに似ており、それに立体的な表現を付加したものとなっている。ポインティングデバイスとしては3ボタンマウスが使われることが多いがこれはMotif固有ではなくX Window Systemの主なプラットフォームとして使われてきたエンジニアリングワークステーションにおいて一般的であったためである。mwmにパネルや専用のツールなどの機能を加えデスクトップ環境としたものにヒューレット・パッカードが開発した、HP-VUE (Visual User Environment) がある。さらにそれを元に複数のベンダーでの共通規格としたものをCommon Desktop Environment (CDE) という。
rdfs:label
  • Motif (GUI)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Open Motif
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of