Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ISPF (Interactive System Productivity Facility) は、IBM のメインフレームコンピュータのオペレーティングシステムMVS、OS/390、z/OS環境で使われるツールセットの1つである。1980年代に市販された SPFPC (SPF/PC, SPF/SourceEdit) などのマイクロコンピュータ用エディタの元にもなった、スクリーンエディタを含むユーザインタフェースである。ISPFは最初、 IBM 3270端末のインタフェースとして提供された。メニューとダイアログを持ち、TSOの下で動くツールであった。ISPF は、PDF (Product Development Facility) を通して、データセットを操作するのに用いられる(ISPF/PDFと称する)。ISPF は拡張性があり、(業務)アプリケーションプログラムのインタフェースとしてもしばしば用いられる。多くのベンダーが、ISPFのインタフェースを使用してMVS向けのプロダクトを作った。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 551024 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 898 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47050631 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ISPF (Interactive System Productivity Facility) は、IBM のメインフレームコンピュータのオペレーティングシステムMVS、OS/390、z/OS環境で使われるツールセットの1つである。1980年代に市販された SPFPC (SPF/PC, SPF/SourceEdit) などのマイクロコンピュータ用エディタの元にもなった、スクリーンエディタを含むユーザインタフェースである。ISPFは最初、 IBM 3270端末のインタフェースとして提供された。メニューとダイアログを持ち、TSOの下で動くツールであった。ISPF は、PDF (Product Development Facility) を通して、データセットを操作するのに用いられる(ISPF/PDFと称する)。ISPF は拡張性があり、(業務)アプリケーションプログラムのインタフェースとしてもしばしば用いられる。多くのベンダーが、ISPFのインタフェースを使用してMVS向けのプロダクトを作った。
rdfs:label
  • ISPF
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of