Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2010年日本における口蹄疫の流行(2010ねんにほんにおけるこうていえきのりゅうこう)では、2010年(平成22年)の春から夏にかけて、日本の宮崎県南部を中心に広まった口蹄疫の流行について記述する。2010年3月頃発生し、2010年7月4日の終息確認まで、宮崎県で発生した牛、豚、水牛の口蹄疫の流行である。29万7808頭を殺処分した。畜産関連の損失は1400億円、関連損失を950億円とした。宮崎大学の根岸裕孝准教授(地域経済)は年間426億円の損失で3-5年続くとしている。国の補償対象は計1,379戸。補償額528億円の内訳は、感染農家が288億円で、ワクチン接種農家が240億円。口蹄疫が疑われる場合または発生した場合、家畜伝染病予防法・口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針に沿って対応が実施される。家畜伝染病予防法は都道府県の法定受託事務にあたり、国の関与が制限される(詳しくは地方分権一括法を参照)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2082189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 85023 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59096996 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:date
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:テキスト
  • 宮崎県口蹄疫発生状況
prop-ja:地図1Id
  • 9223372036854775807 (xsd:double)
prop-ja:地図1サイト
  • Google
prop-ja:地図1タイトル
  • 口蹄疫発生マップ
prop-ja:地図1説明
  • 農林水産省のプレスリリースに基づく
prop-ja:地図2Id
  • 9223372036854775807 (xsd:double)
prop-ja:地図2サイト
  • Google
prop-ja:地図2タイトル
  • 口蹄疫消毒ポイントマップ
prop-ja:地図2説明
  • 宮崎県庁のプレスリリースに基づく
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2010年日本における口蹄疫の流行(2010ねんにほんにおけるこうていえきのりゅうこう)では、2010年(平成22年)の春から夏にかけて、日本の宮崎県南部を中心に広まった口蹄疫の流行について記述する。2010年3月頃発生し、2010年7月4日の終息確認まで、宮崎県で発生した牛、豚、水牛の口蹄疫の流行である。29万7808頭を殺処分した。畜産関連の損失は1400億円、関連損失を950億円とした。宮崎大学の根岸裕孝准教授(地域経済)は年間426億円の損失で3-5年続くとしている。国の補償対象は計1,379戸。補償額528億円の内訳は、感染農家が288億円で、ワクチン接種農家が240億円。口蹄疫が疑われる場合または発生した場合、家畜伝染病予防法・口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針に沿って対応が実施される。家畜伝染病予防法は都道府県の法定受託事務にあたり、国の関与が制限される(詳しくは地方分権一括法を参照)。
rdfs:label
  • 2010年日本における口蹄疫の流行
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of