Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本は2007年8月25日から9月2日に大阪で行なわれた第11回世界陸上競技選手権大会に参加した。監督を高野進、主将を朝原宣治と池田久美子が務め、以下81名(男子45名・女子36名)の選手団を組織した。日本陸連は、この大会で8位以内かつ日本人選手トップとなれば、北京オリンピック日本代表に内定する基準を設けていた。マラソンはメダルを獲得した日本人選手トップが条件だった。女子マラソンで銅メダルを獲得した土佐礼子と男子ハンマー投で6位に入賞した室伏広治がオリンピック日本代表に内定した。男子4×100mリレー(塚原直貴・末續慎吾・高平慎士・朝原宣治)が5位、女子マラソンの嶋原清子が6位に入賞した。男子マラソンは尾方剛が5位、大崎悟史が6位、諏訪利成が7位に入賞した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2546519 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52804897 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bronze
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:code
  • JPN
prop-ja:competitors
  • 81 (xsd:integer)
prop-ja:flagcaption
  • 日本
prop-ja:gold
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:natfed
prop-ja:rank
  • 36 (xsd:integer)
prop-ja:silver
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 2007 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日本は2007年8月25日から9月2日に大阪で行なわれた第11回世界陸上競技選手権大会に参加した。監督を高野進、主将を朝原宣治と池田久美子が務め、以下81名(男子45名・女子36名)の選手団を組織した。日本陸連は、この大会で8位以内かつ日本人選手トップとなれば、北京オリンピック日本代表に内定する基準を設けていた。マラソンはメダルを獲得した日本人選手トップが条件だった。女子マラソンで銅メダルを獲得した土佐礼子と男子ハンマー投で6位に入賞した室伏広治がオリンピック日本代表に内定した。男子4×100mリレー(塚原直貴・末續慎吾・高平慎士・朝原宣治)が5位、女子マラソンの嶋原清子が6位に入賞した。男子マラソンは尾方剛が5位、大崎悟史が6位、諏訪利成が7位に入賞した。
rdfs:label
  • 2007年世界陸上競技選手権大会日本選手団
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of