Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鈴木 忠重(すずき ただしげ、天正2年(1574年) - 明暦4年(1658年))は、松代藩家老。真田氏家臣の名胡桃城主鈴木重則の子。通称は右近。幼名は小太郎。上野名胡桃城が北条家臣で沼田城主猪俣邦憲に奪われた名胡桃事件の際には、母とともに北条氏に捕われる。城から解放された後は真田昌幸に引き取られその家臣となった。19歳の時に出奔、その際に柳生宗章と出会い、弟子となった。また柳生の庄で柳生宗厳にも剣を学んだと言う。7年間漂泊の後に帰参したが、関ヶ原の戦いの前後に再度出奔した。理由はよくわからない。十余年後に真田氏に帰参し京の伏見真田屋敷留守居役を務める。昌幸死後は沼田城主・真田信之の家臣として、真田氏の松代転封後は重臣に名を連ねた。主君・信之が参勤交代で江戸に向かった後には藩政を司るため松代城に残っていたとされる。信之病没後に殉死した。享年84。出奔・帰参の前後に大きな戦い(関ヶ原・大坂の役)があることから、真田氏の諜報官であったとする説があるが、証拠になるような史料は見当たらない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 744840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 758 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57498483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鈴木 忠重(すずき ただしげ、天正2年(1574年) - 明暦4年(1658年))は、松代藩家老。真田氏家臣の名胡桃城主鈴木重則の子。通称は右近。幼名は小太郎。上野名胡桃城が北条家臣で沼田城主猪俣邦憲に奪われた名胡桃事件の際には、母とともに北条氏に捕われる。城から解放された後は真田昌幸に引き取られその家臣となった。19歳の時に出奔、その際に柳生宗章と出会い、弟子となった。また柳生の庄で柳生宗厳にも剣を学んだと言う。7年間漂泊の後に帰参したが、関ヶ原の戦いの前後に再度出奔した。理由はよくわからない。十余年後に真田氏に帰参し京の伏見真田屋敷留守居役を務める。昌幸死後は沼田城主・真田信之の家臣として、真田氏の松代転封後は重臣に名を連ねた。主君・信之が参勤交代で江戸に向かった後には藩政を司るため松代城に残っていたとされる。信之病没後に殉死した。享年84。出奔・帰参の前後に大きな戦い(関ヶ原・大坂の役)があることから、真田氏の諜報官であったとする説があるが、証拠になるような史料は見当たらない。
rdfs:label
  • 鈴木忠重
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of