Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 重箱(じゅうばこ)とは二重から五重に積み重ねられ最上段に蓋を付けたハレの日の料理を入れる箱である。四季を表す四重が正式とされる。4段目は四の字忌避で「与の重」と呼ぶ。形状は四角が一般的であるが円形や六角形、八角形のものもある。今日では主に正月のおせち料理、花見や運動会などの弁当、また鰻重の容器に使われる。木製の物や漆器、合成樹脂などの素材で作られることが多い。なかには紙製のものや、陶磁器で作られたものなどもある。美術品としては尾形光琳の「蒔絵梅椿若松図重箱」などが有名。重箱に提げ手を付けて持ち運べるようにした提げ重箱(提重、提げ重)もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 344589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2087 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57577274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 重箱(じゅうばこ)とは二重から五重に積み重ねられ最上段に蓋を付けたハレの日の料理を入れる箱である。四季を表す四重が正式とされる。4段目は四の字忌避で「与の重」と呼ぶ。形状は四角が一般的であるが円形や六角形、八角形のものもある。今日では主に正月のおせち料理、花見や運動会などの弁当、また鰻重の容器に使われる。木製の物や漆器、合成樹脂などの素材で作られることが多い。なかには紙製のものや、陶磁器で作られたものなどもある。美術品としては尾形光琳の「蒔絵梅椿若松図重箱」などが有名。重箱に提げ手を付けて持ち運べるようにした提げ重箱(提重、提げ重)もある。
rdfs:label
  • 重箱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of