Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 片親による子供の拉致(かたおやによるこどものらち)とは、片方の親が子供を連れ去ること。「連れ去り」という表現に激しく反応する弁護士がいるが、taking awayに対応する一般的な日本語である。別居、里帰り、家出と区別する必要は必ずしも無く、日本では子の面会忌避や面会拒否、引き離し等様々な言葉で表されるが全て片親による拉致である。債務不履行と判例で認められる場合もあるが、延々に片親の都合により子供の面会を拒否でき、別居親があきらめる場合が多い。離婚の前後を問わずいつでも起き、親が子供を自己の所有物とする瞬間である。又、法的、文化的には子供を盾にすると表現される場合あるが、ジュネーブ条約で禁止されたHuman Shield(人間の盾)では諸外国より誤解を受ける可能性があり、拉致(Abduction)が理解されやすい。日本はハーグ条約加入前においては、別居時に子どもを日本に連れて行くことは「拉致」とはされていなかった。決して家庭裁判所が悪いわけでもなく、親であろう。拉致は人道に対する罪である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 131965 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59234482 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 片親による子供の拉致(かたおやによるこどものらち)とは、片方の親が子供を連れ去ること。「連れ去り」という表現に激しく反応する弁護士がいるが、taking awayに対応する一般的な日本語である。別居、里帰り、家出と区別する必要は必ずしも無く、日本では子の面会忌避や面会拒否、引き離し等様々な言葉で表されるが全て片親による拉致である。債務不履行と判例で認められる場合もあるが、延々に片親の都合により子供の面会を拒否でき、別居親があきらめる場合が多い。離婚の前後を問わずいつでも起き、親が子供を自己の所有物とする瞬間である。又、法的、文化的には子供を盾にすると表現される場合あるが、ジュネーブ条約で禁止されたHuman Shield(人間の盾)では諸外国より誤解を受ける可能性があり、拉致(Abduction)が理解されやすい。日本はハーグ条約加入前においては、別居時に子どもを日本に連れて行くことは「拉致」とはされていなかった。決して家庭裁判所が悪いわけでもなく、親であろう。拉致は人道に対する罪である。
rdfs:label
  • 親による子供の拉致
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of