Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自衛艦隊司令官(じえいかんたいしれいかん、Commander in Chief of the Self Defense Fleet)とは、海上自衛隊の主戦力である自衛艦隊の指揮官で、防衛大臣の指揮監督を受け、自衛艦隊の隊務を統括する。海将の階級にある自衛官をもって充てられ、政令で規定される指定職5号の役職である。事実上、海上幕僚長に次ぐ第2位の地位にある海上自衛隊の役職である。3年に1度行われる海上自衛隊観艦式の執行者も、原則として自衛艦隊司令官が務める。1961年(昭和36年)6月12日に、自衛艦隊司令から自衛艦隊司令官に改称された(昭和36年法律第126号)。※組織改編による呼称移行時(自衛艦隊司令→自衛艦隊司令官)は、新たに任命辞令が発出(官報掲載)されているため、代数は別個とした。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 477163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4774 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59021108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自衛艦隊司令官(じえいかんたいしれいかん、Commander in Chief of the Self Defense Fleet)とは、海上自衛隊の主戦力である自衛艦隊の指揮官で、防衛大臣の指揮監督を受け、自衛艦隊の隊務を統括する。海将の階級にある自衛官をもって充てられ、政令で規定される指定職5号の役職である。事実上、海上幕僚長に次ぐ第2位の地位にある海上自衛隊の役職である。3年に1度行われる海上自衛隊観艦式の執行者も、原則として自衛艦隊司令官が務める。1961年(昭和36年)6月12日に、自衛艦隊司令から自衛艦隊司令官に改称された(昭和36年法律第126号)。※組織改編による呼称移行時(自衛艦隊司令→自衛艦隊司令官)は、新たに任命辞令が発出(官報掲載)されているため、代数は別個とした。
rdfs:label
  • 自衛艦隊司令官
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of