Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 線維筋痛症(せんいきんつうしょう、英: Fibromyalgia、FM)は、全身に激しい痛みが生じる病気である。 英語表記では、症候群であることを表現して、英: Fibromyalgia Syndrome(FMS)とも記される。原因不明の全身の疼痛を主症状とする。不眠、うつ病などの精神神経症状、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、過活動性膀胱などの自律神経系の症状を随伴することがある。ドライアイ・ドライマウス、逆流性食道炎などの粘膜系の障害を合併しやすい。疼痛は腱付着部炎や筋肉、関節などにおよび、体幹や四肢から身体全体に激しい疼痛が広がる。原因は不明であり、通常の医師が行なう血液検査では異常が現れない。CTスキャン、MRIを検査しても異常を発見できない。また、この病気が診断できる特別な検査は2015年時点で存在しない。診断が非常に困難な症例が多いが、圧痛点による簡易的な見分け方が知られる。患者は、男性より女性の方が非常に多く、働き盛りの中高年に発生率が高い。現状として、線維筋痛症は、軽症例も合わせれば推定200万人と言われる、比較的患者人口の大きなリウマチ性疾患であるにもかかわらず、日本の医療機関での認識が遅れている。その結果適正に医療を受けられている患者が極めて少なく、多くの患者は未診断、または、誤診を引き起こしてドクターショッピングを繰り返し、結果的に長く病む状況となってしまっている。医療に失望して民間療法などに流れている場合もある。このように日本の線維筋痛症の医療環境は問題がある。そんな中でも血液による診断法の確立へと、日本の研究者の成果もあって前進している。
dbpedia-owl:commonName
  • 線維筋痛症
dbpedia-owl:icd10
  • M79.7
dbpedia-owl:icd9
  • 729.1
dbpedia-owl:meshId
  • D005356
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 780536 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 33917 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 270 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58970352 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • ACR1990分類基準を構成する18箇所の圧痛点
prop-ja:emedicinesubj
  • med
prop-ja:emedicinetopic
  • 790 (xsd:integer)
prop-ja:icd
  • 729.100000 (xsd:double)
  • M79.7
prop-ja:medlineplus
  • 427 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D005356
prop-ja:name
  • 線維筋痛症
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 線維筋痛症(せんいきんつうしょう、英: Fibromyalgia、FM)は、全身に激しい痛みが生じる病気である。 英語表記では、症候群であることを表現して、英: Fibromyalgia Syndrome(FMS)とも記される。原因不明の全身の疼痛を主症状とする。不眠、うつ病などの精神神経症状、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、過活動性膀胱などの自律神経系の症状を随伴することがある。ドライアイ・ドライマウス、逆流性食道炎などの粘膜系の障害を合併しやすい。疼痛は腱付着部炎や筋肉、関節などにおよび、体幹や四肢から身体全体に激しい疼痛が広がる。原因は不明であり、通常の医師が行なう血液検査では異常が現れない。CTスキャン、MRIを検査しても異常を発見できない。また、この病気が診断できる特別な検査は2015年時点で存在しない。診断が非常に困難な症例が多いが、圧痛点による簡易的な見分け方が知られる。患者は、男性より女性の方が非常に多く、働き盛りの中高年に発生率が高い。現状として、線維筋痛症は、軽症例も合わせれば推定200万人と言われる、比較的患者人口の大きなリウマチ性疾患であるにもかかわらず、日本の医療機関での認識が遅れている。その結果適正に医療を受けられている患者が極めて少なく、多くの患者は未診断、または、誤診を引き起こしてドクターショッピングを繰り返し、結果的に長く病む状況となってしまっている。医療に失望して民間療法などに流れている場合もある。このように日本の線維筋痛症の医療環境は問題がある。そんな中でも血液による診断法の確立へと、日本の研究者の成果もあって前進している。
rdfs:label
  • 線維筋痛症
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of