Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第48回世界卓球選手権団体戦(だい48かいせかいたっきゅうせんしゅけんだんたいせん)は、2006年4月24日から5月1日まで、ドイツのブレーメンのAWDドームで開催された。男子は中国が3連覇、女子は中国が7連覇を果たした。当初、開催地にはブレーメンの他にベオグラードが名乗りをあげていたが、2003年5月21日、第47回世界卓球選手権個人戦中の国際卓球連盟総会で開催地決定がなされる直前、ベオグラードが立候補を取り下げ、ブレーメンが開催地に決定した。試合形式は11点5ゲーム制、シングルスのみ5試合中3試合を制したチームが勝利(ABCAB、XYZYXのいずれかの順に選手が出場)であった。予選リーグはそれぞれが6チームずつ4つのリーグに分けて行われ、上位3位以内に入ったチームが決勝トーナメントで優勝を争った。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1779576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3558 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56419156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第48回世界卓球選手権団体戦(だい48かいせかいたっきゅうせんしゅけんだんたいせん)は、2006年4月24日から5月1日まで、ドイツのブレーメンのAWDドームで開催された。男子は中国が3連覇、女子は中国が7連覇を果たした。当初、開催地にはブレーメンの他にベオグラードが名乗りをあげていたが、2003年5月21日、第47回世界卓球選手権個人戦中の国際卓球連盟総会で開催地決定がなされる直前、ベオグラードが立候補を取り下げ、ブレーメンが開催地に決定した。試合形式は11点5ゲーム制、シングルスのみ5試合中3試合を制したチームが勝利(ABCAB、XYZYXのいずれかの順に選手が出場)であった。予選リーグはそれぞれが6チームずつ4つのリーグに分けて行われ、上位3位以内に入ったチームが決勝トーナメントで優勝を争った。
rdfs:label
  • 第48回世界卓球選手権団体戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of