Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第二次スーダン内戦(だいにじスーダンないせん)は、1983年、当時のヌメイリ政権が国政にイスラム法を導入したことに、南部の非アラブ系住民(大半がアニミズム、一部キリスト教徒)が反発し勃発したスーダンの内戦。ほぼ1955年から1972年の第一次スーダン内戦の続きである。約190万人が死亡し、400万人以上が家を逐われた。第二次世界大戦以降で最も死者の多い戦争の一つである。またこの内戦で、南部のヌエル族やディンカ族の子どもたち約二万人が、居住地を追われて孤児となり、スーダンのロストボーイズと呼ばれる集団避難民となった。数は少ないがロストガールズもいる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 109646 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8366 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59168837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • First anniversary of the Comprehensive Peace Agreement
prop-ja:casualties
  • 死者190万人(大半が市民、飢餓と旱魃による)
prop-ja:combatant
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
  • 第二次スーダン内戦
prop-ja:date
  • 1983 (xsd:integer)
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 独立を問う住民投票の計画を伴う南部の自治
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第二次スーダン内戦(だいにじスーダンないせん)は、1983年、当時のヌメイリ政権が国政にイスラム法を導入したことに、南部の非アラブ系住民(大半がアニミズム、一部キリスト教徒)が反発し勃発したスーダンの内戦。ほぼ1955年から1972年の第一次スーダン内戦の続きである。約190万人が死亡し、400万人以上が家を逐われた。第二次世界大戦以降で最も死者の多い戦争の一つである。またこの内戦で、南部のヌエル族やディンカ族の子どもたち約二万人が、居住地を追われて孤児となり、スーダンのロストボーイズと呼ばれる集団避難民となった。数は少ないがロストガールズもいる。
rdfs:label
  • 第二次スーダン内戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of