Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 空中機動作戦(くうちゅうきどうさくせん)の目的は、地上部隊では即応できない緊急かつ緊要な時期に部隊を空中機動させ、重要目標の攻撃、要点の占領、危機正面に対する対処・増援を行い、作戦全体の遂行を容易ならしめる事にある。すなわち、空中機動後に何らかの形で地上の作戦・戦闘を実施する事をねらいとする場合であって、単なる空輸による移動は含まない。空中機動作戦には、空挺(エアボーン)作戦とヘリボーン作戦があり、これらはそれぞれ単独又は一体となって行われる。また、その部隊規模に応じ、戦略的あるいは戦術的に運用される。空挺作戦は、陸上部隊及び航空部隊をもって行う統合作戦であり、ヘリボーン作戦はヘリコプター部隊により輸送可能な部隊をもって行う作戦である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 791492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1276 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59238755 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 空中機動作戦(くうちゅうきどうさくせん)の目的は、地上部隊では即応できない緊急かつ緊要な時期に部隊を空中機動させ、重要目標の攻撃、要点の占領、危機正面に対する対処・増援を行い、作戦全体の遂行を容易ならしめる事にある。すなわち、空中機動後に何らかの形で地上の作戦・戦闘を実施する事をねらいとする場合であって、単なる空輸による移動は含まない。空中機動作戦には、空挺(エアボーン)作戦とヘリボーン作戦があり、これらはそれぞれ単独又は一体となって行われる。また、その部隊規模に応じ、戦略的あるいは戦術的に運用される。空挺作戦は、陸上部隊及び航空部隊をもって行う統合作戦であり、ヘリボーン作戦はヘリコプター部隊により輸送可能な部隊をもって行う作戦である。
rdfs:label
  • 空中機動作戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兵種 of
is foaf:primaryTopic of