Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 球体関節人形(きゅうたいかんせつにんぎょう)とは、関節部が球体によって形成されている人形の総称。その特徴から、自在なポーズを取らせることが可能である。その作家として最も有名なのはハンス・ベルメールである。従来の球体関節人形をいったん分解してシュルレアリスティックに再構築した彼の作品が日本に紹介され、その美しさと妖しさが衝撃をもって受け入れられた。その影響から日本国内にこの種の人形を造形する作家が急増した。素材は様々で、石粉粘土、素焼きなどで造られる。またビスク・ドールのように眼球にガラス、アクリル樹脂などのドールアイを用いる事がある。2004年の映画『イノセンス』公開時、タイアップ企画として「球体関節人形展」が開催された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 181130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1540 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58789151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --12-17
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:領域
  • 日本
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 球体関節人形(きゅうたいかんせつにんぎょう)とは、関節部が球体によって形成されている人形の総称。その特徴から、自在なポーズを取らせることが可能である。その作家として最も有名なのはハンス・ベルメールである。従来の球体関節人形をいったん分解してシュルレアリスティックに再構築した彼の作品が日本に紹介され、その美しさと妖しさが衝撃をもって受け入れられた。その影響から日本国内にこの種の人形を造形する作家が急増した。素材は様々で、石粉粘土、素焼きなどで造られる。またビスク・ドールのように眼球にガラス、アクリル樹脂などのドールアイを用いる事がある。2004年の映画『イノセンス』公開時、タイアップ企画として「球体関節人形展」が開催された。
rdfs:label
  • 球体関節人形
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of