Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 初代 片岡市蔵(しょだい かたおか いちぞう、寛政4年〈1792年〉 - 文久2年7月22日〈1862年8月17日〉)とは、江戸時代の歌舞伎役者。俳名は我丈・我升、屋号は竹田屋・天満屋・松島屋。敵役の藤川鐘九郎の三男。はじめ藤川鐘三郎と名乗って父のもとで修行し、後に鐘彌と名を改める。文化7年(1810年)、七代目片岡仁左衛門の門下となり、名も片岡市蔵と改め大坂の宮地芝居や浜芝居の舞台に出る。その後も大坂を中心に京都、名古屋、伊勢、江戸にも出向き舞台を勤めた。父鐘九郎の芸を受け継いで実悪の役を演じ、「実悪の親玉」といわれたが、安政のころになると眼病を患い舞台を休みがちとなり、文久2年5月、高齢という事もあり角の芝居に出たのを最後として舞台からは引退した。大柄で実悪を本領としたが世話物や老役も得意であった。門人に二代目片岡市蔵がいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1588412 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57263559 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 初代 片岡市蔵(しょだい かたおか いちぞう、寛政4年〈1792年〉 - 文久2年7月22日〈1862年8月17日〉)とは、江戸時代の歌舞伎役者。俳名は我丈・我升、屋号は竹田屋・天満屋・松島屋。敵役の藤川鐘九郎の三男。はじめ藤川鐘三郎と名乗って父のもとで修行し、後に鐘彌と名を改める。文化7年(1810年)、七代目片岡仁左衛門の門下となり、名も片岡市蔵と改め大坂の宮地芝居や浜芝居の舞台に出る。その後も大坂を中心に京都、名古屋、伊勢、江戸にも出向き舞台を勤めた。父鐘九郎の芸を受け継いで実悪の役を演じ、「実悪の親玉」といわれたが、安政のころになると眼病を患い舞台を休みがちとなり、文久2年5月、高齢という事もあり角の芝居に出たのを最後として舞台からは引退した。大柄で実悪を本領としたが世話物や老役も得意であった。門人に二代目片岡市蔵がいる。
rdfs:label
  • 片岡市蔵 (初代)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of