Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 父親の権利運動(ちちおやのけんりうんどう)とは、親権や養育費など、父親と子供に関する家族法の問題に関心を持つ人々が行う社会運動である。父親の権利運動のメンバーの多くは、離婚後などの婚姻外で、母親と平等に子供に係わることを求める父親である。メンバーは、男性だけでなく女性もいる。女性は、父親の次の妻であったり、父親となんらかの法的関連のある家族であったりする。メンバーの大半は、元来、家族法やその政治力学についての利害関係を殆ど持っていなかったが、彼らの目標である共同親権(共同育児)について、家庭裁判所によって失望させられていると感じて、子供の親権や養育費などの家族法の問題に関心を持つようになった。父親の権利運動は社会運動であると言われているが、メンバー達は、自分たちの運動は市民の権利運動であると考えている。社会運動と見なされるのに反対するのは、父親に対する差別は、社会科学の問題を超えて、家族生活に対する政府の不公平な介入が原因であると彼らが判断しているからである。この運動は、メンバーによる確固たる行動主義により、国際的な報道機関に取り上げらるようになっており、次第に、発言を増やし、目に見える活動を増やして、組織の拡大を行うことにより、家族法の議論において大きな役割を果たすようになっている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2321892 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58505026 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 父親の権利運動(ちちおやのけんりうんどう)とは、親権や養育費など、父親と子供に関する家族法の問題に関心を持つ人々が行う社会運動である。父親の権利運動のメンバーの多くは、離婚後などの婚姻外で、母親と平等に子供に係わることを求める父親である。メンバーは、男性だけでなく女性もいる。女性は、父親の次の妻であったり、父親となんらかの法的関連のある家族であったりする。メンバーの大半は、元来、家族法やその政治力学についての利害関係を殆ど持っていなかったが、彼らの目標である共同親権(共同育児)について、家庭裁判所によって失望させられていると感じて、子供の親権や養育費などの家族法の問題に関心を持つようになった。父親の権利運動は社会運動であると言われているが、メンバー達は、自分たちの運動は市民の権利運動であると考えている。社会運動と見なされるのに反対するのは、父親に対する差別は、社会科学の問題を超えて、家族生活に対する政府の不公平な介入が原因であると彼らが判断しているからである。この運動は、メンバーによる確固たる行動主義により、国際的な報道機関に取り上げらるようになっており、次第に、発言を増やし、目に見える活動を増やして、組織の拡大を行うことにより、家族法の議論において大きな役割を果たすようになっている。
rdfs:label
  • 父親の権利運動
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of