Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 海兵空地任務部隊(かいへいくうちにんむぶたい、英語:Marine Air-Ground Task Force、略称:MAGTF)は、アメリカ合衆国海兵隊が軍事行動を実施するにあたり全任務のために主要な編成を説明するための用語である。海兵空地任務部隊は特定任務を達成するため、一人の指揮官の下で海兵隊の航空および地上部隊のバランスがとられた諸兵科連合の任務部隊である。海兵空地任務部隊は1963年12月に発令された「海兵隊指令3120.3」により正式に運用開始された。『国防における海兵隊。MCDP 1-0』では以下のように述べられる。独立した空地司令部(または本部)と海兵空地任務部隊は通常、海兵航空および海兵地上部隊の双方から相当の戦闘力を参加させ、戦闘行動や訓練のために編組される。。第二次世界大戦以来、海兵隊は多くの危機で戦力を展開させており、長期間に及ぶ作戦に応ずる十分な継戦能力と上陸機動力を有している。米国とその同盟国の利益が脅かされ、重要な対応が必要とされる非戦闘状況において海兵空地任務部隊は米国にとり幅広い政治的な選択肢を長らく提供してきた。選択的な空地部隊の適宜かつ信頼出来る関与は、多くの場面で投入された地域に安定性をもたらし、世界中に米国は利益擁護に寄与する意志があることを示し、そして躊躇なく強力な兵力を投入することができる。日本語訳には他に海兵空陸機動部隊や海兵空陸任務部隊がある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2813451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58341686 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 海兵空地任務部隊(かいへいくうちにんむぶたい、英語:Marine Air-Ground Task Force、略称:MAGTF)は、アメリカ合衆国海兵隊が軍事行動を実施するにあたり全任務のために主要な編成を説明するための用語である。海兵空地任務部隊は特定任務を達成するため、一人の指揮官の下で海兵隊の航空および地上部隊のバランスがとられた諸兵科連合の任務部隊である。海兵空地任務部隊は1963年12月に発令された「海兵隊指令3120.3」により正式に運用開始された。『国防における海兵隊。MCDP 1-0』では以下のように述べられる。独立した空地司令部(または本部)と海兵空地任務部隊は通常、海兵航空および海兵地上部隊の双方から相当の戦闘力を参加させ、戦闘行動や訓練のために編組される。。第二次世界大戦以来、海兵隊は多くの危機で戦力を展開させており、長期間に及ぶ作戦に応ずる十分な継戦能力と上陸機動力を有している。米国とその同盟国の利益が脅かされ、重要な対応が必要とされる非戦闘状況において海兵空地任務部隊は米国にとり幅広い政治的な選択肢を長らく提供してきた。選択的な空地部隊の適宜かつ信頼出来る関与は、多くの場面で投入された地域に安定性をもたらし、世界中に米国は利益擁護に寄与する意志があることを示し、そして躊躇なく強力な兵力を投入することができる。日本語訳には他に海兵空陸機動部隊や海兵空陸任務部隊がある。
rdfs:label
  • 海兵空地任務部隊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of